海外FXの表と裏 失敗しないために知っておきたい8つのこと

最大3,000倍のハイレバレッジトレードや最大500万円の高額ボーナスで注目を集める海外FX。

国内FX業者とはスケールの異なるダイナミックなFX取引が可能です。

しかし、違法性やハイレバレッジによる損失リスクで不安を拭えない方も多いのでは?

そこでこの記事では本当にあなたに海外FXでのトレードが適しているのか判断できるよう、メリット・デメリットやリスクとその回避方法などを解説。

自分の中で納得した上で安心して利用できる海外FX業者を選んでください。

あなたに合う海外FX業者の選び方

海外FX業者は細かく数えれば100社以上ありますが、口座を開設するのはその中でも優良業者に絞りたいところ。

いろいろな要素を比較して良い業者だけを選びたい。

その気持ちは分かりますが、海外FX業者を選ぶ際に注目するポイントは4つだけでOKです。

海外FX業者を選ぶポイント

  1. 国内トレーダーからの人気度
  2. 最大レバレッジ倍率
  3. 取引コスト
  4. ボーナス金額

それぞれがなぜ重要になってくるのか詳しく見ていきましょう。

国内トレーダーからの人気度

国内トレーダーから人気があり日本人の利用者が多いとそれだけ危険性の低い業者だと言えます。

海外FX業者の中には悪徳業者も混ざっており、以下のようなトラブルに発展することも。

  • 利益が出金できない
  • 入金したお金を持ち逃げされる
  • ポジションを持ったまま決済できず含み損が膨らむ

もともと海外FXは日本の金融庁から以下のように警告されていることは念頭においておきましょう。

たとえ海外で金融商品取引のライセンスを持つ業者であっても、日本で登録を受けずに日本に居住する者に対して金融商品取引を業として行うことは禁止されています。引用元:金融庁「外国為替証拠金取引について」より

海外FX業者は日本で登録をせずにサービスを提供しているため、利用者は日本の法律では守られず「自己責任」です。
※海外FXの良い側面だけを語るサイトに注意

その中でも日本人トレーダーから人気があれば比較的危険性の低い業者と言えます。

最大レバレッジ倍率

そもそもなぜ海外FX業者は日本で登録をせずに運営しているのか。

その理由がこの「最大レバレッジ倍率」にあります。

海外FX業者の中で最も高いレバレッジ設定は実質無制限で21億倍のExness。一方の国内業者は25倍までです。

国内FX業者の最大倍率は法律で規定されています。

海外FX業者が日本で登録をするとレバレッジが25倍までに制限されてしまうため、国内では登録を行わずにニュージーランドやキプロスなどで金融ライセンスを取得して運営しています。

業者により400倍~3,000倍が一般的な海外FXの最大レバレッジのレンジです。

高いレバレッジをかけたい方は888~3,000倍、最大レバレッジをある程度抑えて自制したい方は400~500倍を選ぶと良いでしょう。

取引コスト

高いレバレッジの反面、海外FX業者のネックとなるのが取引コストです。

取引コストとは主に以下2つの手数料の合計です。

  • スプレッド
  • 取引手数料

スプレッドは注文が約定しポジションを持った瞬間に損失としてカウントされます。

つまり、赤字スタートになるのです。

取引手数料はポジションをクローズ、つまり決済した時に自動的に差し引かれます。

最大レバレッジの高い業者ほど取引コストが高い傾向にあり、国内業者と比べても当然割高です。

もし国内FXを経験されている場合同じ感覚で海外FXをトレードすると苦い経験をすることになるでしょう。

業者によっても取引コストはまちまちで、コストが高い業者の場合買いと売りを数秒間隔で繰り返す「スキャルピング」が難しくなります。

どのようなトレードスタイルを目指すのかによってレバレッジと取引コストのバランスを比較しましょう

ボーナス金額

海外FXの旨みはレバレッジの他にもう1つ。それがボーナス金の多さです。

海外FXのボーナスには2種類あります。

  • 口座開設ボーナス
  • 入金ボーナス

口座開設ボーナスとは海外FXの口座を開くだけで取引口座に最大2万円が入金されるもの

入金ボーナスは開設した口座に取引資金を入金すると、その額に応じて追加で入金されるもの。最大で500万円のボーナスが入手できる業者もあります。
※500万円のボーナスは抽選に当たった場合

ボーナス金は基本的に出金は出来ずトレードのみで使用できる金額です。

国内FX業者のボーナスは1万円程度と考えるとかなり割高。

高いボーナス狙いで口座開設する方もいるほどです。

海外FX業者おすすめランキング

上記で解説したポイント4つをもとにおすすめの海外FX業者ランキングを作成しました。

おすすめ
海外FX業者
評価 国内での人気度 最大レバレッジ倍率 取引コスト ボーナス金額
GEMFOREX 7/9 1,000倍 ◎ 100万円
XM Trading 6/9 888倍 〇 50万円
TITAN FX 6/9 500倍 × なし
AXIORY 6/9 400倍 × なし
IS6FX 6/9 1,000倍 ◎ 100万円
ThreeTrader 5/9 500倍 × なし
Tradeview 5/9 500倍 × なし
BigBoss 4/9 999倍 △ 10万円(期間限定)
FBS 4/9 3,000倍 ×
クッション機能なし

※◎…3点、〇…2点、△…1点、×…0点
※取引コスト:スプレッド+取引手数料
※ボーナス金額:口座開設ボーナス+入金ボーナス

GEMFOREX

おすすめの海外FX業者GEMFOREX(ゲムフォレックス)のホームページ引用元:GEMFOREXより

海外FX業者 GEMFOREX
評価 7/9
国内人気度
最大レバレッジ倍率 1,000倍
取引コスト △(USD/JPY:平均1.5pips)
ボーナス金額(開設/入金) ◎(1万円/100万円)

GEMFOREX(ゲムフォレックス)は4つの項目全てにおいて業界最高水準の海外FX業者です。

人気の海外FX業者の中で唯一日本人が設立した業者であるGEMFOREX。

海外FX業者を利用する際には日本語サポートの質の低さが不安要素となりがちですが、GEMFOREXならその心配もありません。

口座タイプ オールインワン口座 ノースプレッド口座 レバレッジ5,000倍口座
人気順 1位 2位 募集停止
最大レバレッジ 1,000倍 1,000倍 5,000倍
ボーナス あり なし なし
スプレッド(ドル円) 1.5pips~ 0.3pips~ 0.2pips
取引手数料(1lotあたり往復) 0 0 0
最小注文数 1,000通貨 1,000通貨 1,000通貨
入金額 100円~ 30万円~ ~10万円

人気を集める最大の理由は高額ボーナス
GEMFOREXを使う最大のメリットは業界No.1の豊富なボーナスがもらえる点です。

毎日開催されるジャックポットボーナスでは100万円分の入金ボーナス獲得のチャンスがあります。

GEMFOREXのジャックポット入金ボーナス引用元:GEMFOREX1,000%入金ボーナスジャックポットより

また、口座開設するだけで貰える未入金ボーナスも2万円と業界最高額です。

GEMFOREXのボーナスだけを目当てに利用しているトレーダーも多くいます。
レバレッジ
最大レバレッジ倍率は業界3位タイの1,000倍。

業界1位であるExnessのレバレッジ実質無制限(最大21億倍)は口座残高が10万円を超えると2,000倍まで、50万円を超えると1,000倍までに制限されます。

業界2位のFBSのレバレッジ最大3,000倍も口座資金が20万円をこえると1,000倍までに制限されます。

これを考慮すると口座残高によって制限されない口座を選ぶなら1,000倍のレバレッジが業界最高水準と言えます。

デメリット
GEMFOREXでは過度なスキャルピングは規制の対象になります。5分間で往復10lot、口座資金500万円程度のトレードが目安です。

また、公式には透明性の高いNDD業者と主張しているものの本当はDD業者ではないかという声も。

GEMFOREXユーザーの評判や不満は下記記事で詳しく調査結果をまとめています。
→「GEMFOREXの評判うなぎ上り”ストップ狩り改善と高額ボーナス”が貢献
GEMFOREXで口座開設

XM Trading

おすすめの海外FX業者XMTradingのホームページ引用元:XM Tradingより

海外FX業者 XM Trading
評価 6/9
国内人気度
最大レバレッジ倍率 888倍
取引コスト △(USD/JPY:平均2.0pips)
ボーナス金額(開設/入金) 〇(3,000円/50万円)

XM Trading(エックスエム)は国内人気No.1の海外FX業者。ネット上の海外FX専門サイトでもXMを推薦しているものが多いです。

人気の秘密は多くの日本人トレーダーが既に利用している実績があることです。

海外FX自体に多少なりともリスクがあることは多くのトレーダーが認識していることです。

その中でも安心して利用できる業者を選びたいと思うのは自然な流れ。依然としてXMが人気なのも頷けます。

そんなXMの強みは約定力の高さです。発注した注文のほとんど遅れなくその場で約定します。
狙っていたタイミングで注文できず利益を逃したり、反対に損切りが遅れて損失が拡大する心配もありません。

一方でXMの取引コストは業界内でも高い水準のためスキャルピングには向きません(スタンダード口座の場合)。

XMはとにかく日本人に人気の海外FX業者でハイレバレッジトレードを体験してみたい方におすすめです。

XMで口座開設

XMの評判をもっと詳しく

TITAN FX

おすすめの海外FX業者TITAN FXのホームページ引用元:TITAN FXより

海外FX業者 TITAN FX
評価 6/9
国内人気度
最大レバレッジ倍率 500倍
取引コスト ◎(USD/JPY:平均1.33pips)
ボーナス金額(開設/入金) ×

TITAN FX(タイタン)は取り扱い銘柄の豊富さが魅力です。
おすすめ海外FX業者TITAN FXは取扱銘柄が豊富と評判引用元:Twitter@emoyan45650910より

また、スプレッドの狭さにも定評があり比較的スキャルピングがしやすいです。
おすすめ海外FX業者TITAN FXはスプレッドの狭さが評判引用元:Twitter@gojo_fxより

ボーナス金がもらえないのがネックですが、仮想通貨を含む幅広い銘柄をトレードしたい方におすすめの海外FX業者です。

TitanFXユーザーの評判を見る
TITAN FXで口座開設

AXIORY

おすすめの海外FX業者AXIORYのホームページ引用元:AXIORYより

海外FX業者 AXIORY
評価 6/9
国内人気度
最大レバレッジ倍率 400倍
取引コスト ◎(USD/JPY:平均1.0pips)
ボーナス金額(開設/入金) ×

AXIORY(アキシオリー)はEAとの連携に強みを持つ自動売買がやりやすい海外FX業者です。

自動売買とは一定のルールに基づいてトレードを行うシステム「EA(Expert Advisor)」を使い、自動で売買させる仕組み。

トレードのスキルや知識がなくても勝てるEAを手に入れて稼働させれば利益が得られるのが一番の魅力です。

ところが他の業者では自動売買が禁止されていたり、設定が難しいところがほとんどです。

そんな中、AXIORYは自動売買の制限がなく設定も簡単なため自動売買(EA)トレーダーから人気を集めています。
おすすめ海外FX業者AXIORYは自動売買(EA取引)がしやすいと評判引用元:Twitter@ichinose_cpprpより

AXIORYはコストや最大レバレッジ、ボーナス金額の総合点では海外FX業界でも普通水準ですが、EAを利用してハイレバトレードしたい方にはおすすめの海外FX業者です。

AXIORYの評判
AXIORYで口座開設

IS6FX:スタンダード口座

おすすめの海外FX業者IS6FXのホームページ引用元:IS6FXより

海外FX業者 IS6FX
評価 6/9
国内人気度
最大レバレッジ倍率 1,000倍
取引コスト △(USD/JPY:平均1.6pips)
ボーナス金額(開設/入金) ◎(5千円/100万円)

IS6FXは豊富なボーナスや豪華なキャンペーンで人気を集める海外FX業者です。

入金ボーナスの最大金額は業界1位タイの100万円。

抽選ボーナスではありますが、100%ボーナスで最大100万円の入金までボーナス対象になるのは魅力的です。

海外FXでボーナストレードをしたい方はGEMFOREXとIS6FXのボーナスを駆使して効率よく稼いでいる印象です。

2業者とも入金ボーナスは抽選のため、併用することでボーナス当選チャンスを倍増させることができます。

口座開設(未入金)ボーナスも5,000円もらえるため、入金せずともボーナストレードが可能です。

IS6FXで今すぐボーナスを受け取る

海外FX業者と国内FX業者の比較

そもそも海外FXと国内FXにはどんな違いがあるのでしょう。

高いレバレッジだけが海外FXの特徴ではありません。

また、海外FX・国内FXともにメリットとデメリットの両側面があり、合う人と合わない人がいます

比較項目 海外FX業者 国内FX業者
レバレッジ 最大3,000倍 最大25倍
ボーナス 最大500万円 最大1万円
追証や借金の有無 なし(ゼロカット) あり
取引銘柄数 豊富 限定的
取引ツール 機能が豊富 証券会社ごとに異なる
取引コスト 高い 低い
スキャルピング適正 難しい 行いやすい
入出金の手間 比較的面倒 手軽
税金 総合課税 分離課税
サポート体制 日本語サポートに不安 日本語で完全対応

それぞれの特徴がどんなメリット・デメリットに繋がるのか詳しく見ていきましょう。

海外FX業者のメリット

海外FX業者のメリットは以下の5つです。

海外FXのメリット

  1. 最大3,000倍のレバレッジ
  2. 口座開設ボーナスが豊富
  3. ゼロカットで追証や借金がない
  4. 取引できる銘柄が豊富
  5. 取引ツールの機能が豊富

高いレバレッジ以外にも国内FX業者に勝る部分があります。

最大3,000倍のレバレッジ

まず1番は最大3,000倍のハイレバレッジ。国内FX業者の120倍もの資金効率でトレードを行うことが出来ます。

レバレッジの活用の仕方は人それぞれですが、一番大きいメリットは少ない証拠金で多額の取引を行えることです。

レバレッジ 必要証拠金(ドル円1万通貨)
25倍 44,000円
3,000倍 約366円

例えば1ドル110円の場合に1万通貨=110万円分の取引を行うのに必要な証拠金は、レバレッジ25倍だと44,000円必要です。

しかし理論上ではレバレッジを3,000倍かければたった366円の証拠金で同額のポジションを持つことができます。
※実際にはスプレッド(取引コスト)の関係で口座残高366円では110万円分のポジションを取ることはできません。

仮に0.1円の値幅(10pips)の利益を取れれば利益額は1,000円となり資金は約4倍にも増えることになります。

ボーナスが豊富

海外FX業者は豊富なボーナスを用意しています。

口座開設ボーナスは最大2万円、入金ボーナスは最大500万円です。
※業者ごとに異なる

一方、国内業者には一定の規制があり1万円程度の業者がほとんど。

海外FX業者のボーナス金を目当てに口座開設する方が多いのも納得です。

ゼロカットで追証や借金がない

海外FXのハイレバトレードのリスクを軽減するのがゼロカットシステムです。

ゼロカットとは損失により口座残高がマイナスになった場合でも、業者がマイナス分をゼロにしてくれるシステム。

これにより借金を追うリスクなくハイレバレッジのトレードを行うことが出来ます

ただし借金はなくとも口座資金はゼロになるため、損失であることには変わりはありません。

取引できる銘柄が豊富

海外FXでは為替取引だけでなく、金や石油、穀物など幅広い商品をトレードできます

30~100種類以上の取扱銘柄がある業者がほとんどです。

一方国内の主要FX業者では20~30の通貨ペアが一般的。

マイナーな商品のトレードもしてみたい方には海外FXはおもしろいでしょう。

取引ツールの機能が豊富

海外FXのほとんどではMT4、MT5という取引プラットフォームが採用されています。

このため業者を変えてもチャートツールの操作性が変わらず便利です。

テクニカル分析用の機能も豊富で世界中のトレーダーに愛用されており、FX取引には最適です。

海外FXで多く採用されているMT4のチャート画面引用元:Meta Trader4より

国内業者の取引ツールは各社独自のサービスを開発していますが、世界水準のツールにはかないません。

海外FX業者のデメリット

次に海外FXのデメリットを見ていきましょう。

デメリットを知らずに良い側面だけ見て始めると痛い目を見ることになりかねません。

海外FXのデメリット

  1. 取引コストが高い
  2. スキャルピングがしづらい
  3. 入出金に手間がかかる
  4. 税金が高くなる場合がある
  5. 日本語サポートが不十分

取引コストが高い

海外FXは高いレバレッジがかけられる反面、取引コストが高いです。

海外FX取引コスト平均 国内FX取引コスト平均
1.5pips程度 0.2pips程度

その額はなんと国内業者の7倍以上

例えば366円でレバレッジ3,000倍をかけて1万通貨(110万円分)の買いを入れるとしましょう。

この注文が成立したら最初から1.5pips×1万通貨で15,000円分のマイナススタートということになります。

この場合最低でも15,000円は口座残高にないと即ロスカットとなるため注意が必要です。

スキャルピングがしづらい

「海外FXはスキャルピングがしづらい」と言われる理由は、取引コストが高く利益転換点に達するまで時間がかかるからです。

国内業者では1pipの差益を狙って数秒間隔でのトレードを繰り返すトレーダーが多くいます。スキャルパーと呼ばれる人たちですね。

スプレッドが狭く最初に背負うマイナスがほとんどない国内業者では可能ですが、海外FXで同じトレードをしようとするとスプレッド分のマイナスばかり膨れ上がり負け続けることになるので注意しましょう。

入出金に手間がかかる

海外FXでは入金や出金のハードルが高い業者が多いです。

特に出金時のトラブルはよくある話

各業者ごとに出金条件が設けられており、過度なスキャルピングや自動売買、ツールの使用、両建て注文を禁止しているところもあります。

違反した場合せっかく稼いだ利益を出金できないなんてことになりかねないので事前にルールを確認しておきましょう。

税金が高くなる場合がある

海外FXで得た利益は国内FXとは異なる所得区分となり、課税方法も異なります。

海外FXの利益にかかる税金 国内FXの利益にかかる税金
課税方式 総合課税 分離課税
課税方法 対象所得を全て合計した金額 所得区分ごとに個別課税
税率 195万円以下 5%
195万円を超え330万円以下 10%
330万円を超え695万円以下 20%
695万円を超え900万円以下 23%
900万円を超え1,800万円以下 33%
1,800万円を超え4,000万円以下 40%
4,000万円を超える 45%
一律20.315%
対象所得 雑所得(海外FX)
給与所得
事業所得
配当所得
不動産所得
山林所得
一時所得
所定の利子所得及び一定の先物取引による雑所得等(国内FX)
山林所得
土地建物等の譲渡による譲渡所得
株式等の譲渡所得
配当所得
退職所得

海外FXで得た利益は総合課税となり、給与所得と合算して税金を計算します。

本来の給与所得に対する所得税率よりも高い税率を払うことになる可能性もあります。

日本語サポートが不十分

海外FX業者の中には日本語に対応していないブローカーもあります。

この場合トラブルなどがあっても英語で問い合わせるか泣き寝入りするしか方法がありません。

特に出金トラブルや意図しないトレードが行われてしまった場合、口座においてある資金の全てを失う可能性もあります。

日本語対応に定評のある業者や国内トレーダーの利用者数が多い業者を選ぶようにしましょう。

海外FXのリスクと回避方法

ここまでは海外FX業者のデメリットを解説してきました。

ここからは海外FXを利用することで直接的にあなたのお金に生じうるリスクについて詳しく見ていきます。

あらかじめリスクを回避する方法を頭にいれておくことでもしもの時に損失を軽減できるようになります。

  1. ハイレバレッジによる損失リスク
  2. 法律上のリスク
  3. 出金拒否リスク

ハイレバレッジによる損失リスク

海外FX最大のメリットはハイレバレッジですが、最大のリスクもまたハイレバレッジです。

1,000倍や2,000倍のレバレッジを最大まで効かせたトレードでは少しでも意図しない方向に相場が動くと即ロスカットに合うリスクがあります。

また、高いレバレッジをかけるとあなたが入金した金額のレベル以上に毎秒単位で評価額が動くため冷静な判断が出来ない人がほとんどです。

もともと予定していた通りにトレードできず、変なタイミングで損切りしたりあるいは含み損を抱えたまま身動きが取れなくなります。

回避方法は以下3点。

  1. いきなりハイレバレッジで取引せずに徐々にレバレッジ倍率をあげていく
  2. 失ってもいい少額資金でハイレバ取引をする
  3. 自分でトレードせずにプロのFXトレーダーに任せる

不用意に資金を減らさず、作戦を持って臨みましょう。

FXファンドでプロのトレーダーに運用を任せる手もあります。

出金拒否リスク

海外FXに出金拒否のリスクはつきものです。

その原因は主に2つ。

  1. 出金条件を満たしていない
  2. 業者による持ち逃げ

せっかくリスクをとってFXトレードで利益を稼いでも、各業者が設定しているルールに違反していたり、出金条件を満たしていないとお金を現金化できません

また、入金額の持ち逃げを目的に口座開設を勧誘する悪徳業者もいます。

つまらないことで損をしたくないなら日本人からも人気を集める定評のある海外FX業者を利用しましょう。

海外FXの出金拒否をいかに現役トレーダーたちが回避しているかは別記事で詳しく解説します。

法律上のリスク

そもそも海外FX業者が日本人に対して営業を行うことは法律で禁止されています。

たとえ海外で金融商品取引のライセンスを持つ業者であっても、日本で登録を受けずに日本に居住する者に対して金融商品取引を業として行うことは禁止されています。引用元:金融庁「外国為替証拠金取引について」より

これは日本人を守るための法律です。

仮に海外FX業者との間にトラブルが生じても日本の法律で裁くことは出来ませんので泣き寝入りするしかありません。

予期せぬ出来事でせっかくのお金を失いたくない方は日本で登録を受けている国内FX業者を利用するのが吉です。

海外FXが向いている人の特徴

海外FXが向いているのは短期間で少ない資金を増やしたい人です。

また、トレードスキルに自信がある人には向いています。

反対にある程度まとまった資金をさらに大きくしたい人やトレードの経験が乏しい人には向いていません

海外FXが向いている人 海外FXが向いていない人
目的 短期間で少額資金を増やしたい まとまった資金をさらに増やしたい
投資資金 1~10万円 100万円~
トレードスキル 経験者 トレード経験がない人

海外FXが向いていない人でも、FXを投資対象としたファンドやコピートレードを活用して自分で取引するよりも高い利益を狙うこともできます。

せっかく投資でお金を増やすチャンスについて調べるところまで来たのですから、自分には向いていなそうだからと諦めてしまうともったいないです。

海外FX業者の口座開設手順

海外FXの口座開設手順は5つのステップです。

  1. 必要情報を入力して登録
  2. 必要書類の提出
  3. 審査
  4. 口座に入金
  5. 口座開設・入金ボーナスをゲット

最大のハードルは書類提出ですが、指示通りに進めば意外と簡単に開設できます。

必要情報を入力して登録

まずは各海外FX業者のホームページにアクセスします。

必ずサイトの分かりやすい箇所に大きく「口座開設」のボタンがあるのでそちらをタップ。

まずはメールアドレスと氏名を登録するサイトが多いです。

登録したアドレス宛にメールが届くので、メールに記載のURLへアクセスして住所や年齢などの必要情報を登録しましょう。

必要書類の提出

情報の入力が完了したら口座の開設自体は完了です。

ただしこの時点では入金ができません。

次に必要書類を提出しましょう。

必要書類は主に2種類。

本人確認書類 住所確認書類
・運転免許証
・パスポート
・住民基本台帳カード
※有効期限内
・住民票の写し
・公共料金の利用明細書
※業者により発行から3か月~6か月以内のもの

提出と言っても現物やコピーを郵送する必要はありません。

スマホで撮影して画像を送るだけでOKです。

審査

書類を提出したら審査が始まります。

審査期間は1日~2週間ほど。こちらも業者や混雑状況にも依ります。

海外FXの審査にはほとんど落ちることはありません。

ただし、提出した書類の期限切れや住所が一致しない場合には審査に落ちる可能性があります。

口座に入金

無事審査が終われば口座に入金できるようになります。

入金方法についても業者によって採用している方法が異なります。

主な入金方法は以下のとおり。

  1. 銀行送金
  2. クレジットカード
  3. bitwallet

業者や入金方法によって手数料を取られる場合があります。

事前に口座開設先の入金ルールを確認しましょう。

また、入金方法と出金方法は同一のものを選ぶ必要がある業者も。
例)クレカで入金→クレカで出金

ルール確認が必須です。

入金が口座に反映されたら無事トレードの環境が整います。

海外FXライフをお楽しみください。

口座開設・入金ボーナスをゲット

口座開設時や入金額に応じてボーナスを獲得できます。

多くの海外FX業者では自動的に口座にボーナス金が反映されているので確認しましょう。

入金ボーナスの獲得にひと手間かかる業者(GEMFOREXなど)もあります。

ボーナス制度についてもホームページをよく読んでもらいそびれのないように注意が必要です。

提供する情報に関する注意点

本サイトで提供する情報には細心の注意を払っておりますが、情報の正確性その他一切を保証するものではありません。あくまでも情報提供を目的としており特定のFX会社に勧誘をするものではなく、本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は責任を負いません。また、当サイトは日本居住者を対象としたものではありません。

コメント

まだコメントがありません。

コメントする

File name:

ファイルサイズ:

利用規約を厳守の上、ご投稿ください。