スリートレーダー 評判に違わぬ信頼性と業界最高峰の取引環境

スリートレーダー(ThreeTrader)は、業界トップクラスのトレード環境を提供していると評判の海外FX業者です。

2021年6月にオープンして以来、他の業者から乗り換える人が後を絶たない人気ぶり。

これほどまでにFXトレーダーに支持されるのはどうしてか、安全面に問題はないのか、スリートレーダーが評判を集める理由を探りました。

スリートレーダー 評判に違わぬ信頼性と業界最高峰の取引環境

スリートレーダーは安全面に配慮

スリートレーダーは顧客資金の安全性やトレードの信頼性に配慮した業者です。

近年厳格化されたバヌアツでの金融ライセンス取得や顧客資金の分別管理、取引の透明性の高いECN方式の採用がそれを証明しています。

金融ライセンスを取得済み

スリートレーダーの運営会社は、金融ライセンスを取得した上で海外FXブローカーを運営しています。

ライセンスの登録先は「VFSC(バヌアツ金融サービス委員会)」
※VFSCは(Vanuatu Financial Services Commission)の略

バヌアツの金融ライセンス取得条件は、2019年に改正された新規制により厳格化されたばかりです

念のため登録情報の照会をかけると、HP記載の登録番号でスリートレーダーの運営会社であるTHREE TRADER GLOBAL LIMITEDがヒットしました。

スリートレーダーの金融ライセンス出典:VFSC-Register Search

スリートレーダー以外にもバヌアツで金融ライセンスを取得している海外FX業者はいくつかあります。

  • TitanFX
  • FBS
  • Milton Markets
  • etc…

どれも有名どころですね。

例えば国内トレーダーからの人気を集めるTitanFXは過去に、もともとニュージーランドで取得していた金融ライセンスを解除し、新たにバヌアツでライセンスを取得しています。

これに当たり、TitanFXは以下のように発表しました。

VFSC(バヌアツの)ライセンス取得には、法人代表者、株主、スタッフの身元調査をはじめ、担保供託、独立監査、紛争解決、公正取引の義務付け等、厳格な規制監督と要件が求められることから、お客様には、これまで以上に弊社のサービスに信頼頂ける環境となりました。

引用元:TitanFX 案内メール文

バヌアツの金融ライセンスにより、ニュージーランドの金融ライセンス以上に信頼のおけるサービスが提供できるとのことです。

この流れを見るに、スリートレーダーがバヌアツの金融ライセンスを取得したのは、海外FX業者に少なからず不安を感じる顧客に配慮した証とも言えそうです。

顧客資金は分別管理

スリートレーダーの資金管理方法は「分別管理制」です。

会社の運営資金と顧客資金を別の銀行口座で管理することで、顧客資金を運営資金として流用する意思がないことを示しており、安心して利用できます。

ただし国内FX業者のような信託保全制度はありません。

仮に会社が倒産した際に預入資金の全額は戻ってこない可能性もゼロではないため、自己責任で利用してください。

透明性のある取引方式

スリートレーダーの取引方式は透明性のあるECN方式です。

ECN方式では注文を通す際に業者が間に介入せず、電子的に注文が約定します。

よって透明性が高く、トレーダーからの人気が高い取引方式です。

スリートレーダーは顧客が安心してトレードに集中できるような取引環境を整えてくれています。

スリートレーダーの評判

スリートレーダーの数ある評判は大きく4種類に分類できます。

  1. 出金拒否がなく対応も迅速
  2. 他の業者には戻れないとの声も
  3. ゴールドのスプレッドが驚異的
  4. マイナス面もある

さっそく詳しく見ていきましょう。

出金拒否がなく対応も迅速

スリートレーダーは新しい海外FX業者のため、初めて出金する際に不安を感じた方もいたようです。

しかし実際に出金申請をかけてみると初回の出金でも2営業日以内に着金し、出金手数料も取られなかったと評判です。

そしてスリートレーダーから着金してました!着金までがFXです!
初回なのに申請から2営業日以内!
手数料も多分引かれてない(細かくはわからない!)
おっしゃ〜!!!

引用元:@a5Gf1kMwOAk0ECf・2021年11月10日

昨日、スリートレーダーで出金申請したやつ、今日受理されたかと思ってたけど、UFJ銀行に振込みも既にされてた!w

出金手数料は無料だけど、中間銀行により別途手数料がある可能性があるとか書いてあったから、どんなもんかと思ってたけど、引かれてたのがたった135円なら、気にせず出金出来る♪

引用元:@aizawa_rin_2・2021年10月27日

夜の0時に出金して翌日には着金したという方も。

スリートレーダーでは、入金した資金もトレードで稼いだ利益もすぐに現金化できることが分かります。

他の業者には戻れないとの声も

一度スリートレーダーを使ったら、もう他の業者には戻れない。

そんな声も挙がっています。

スリートレーダーに慣れると
AXIORYですらスプが広いと感じてしまう。 

もう戻れないな。

引用元:@firefxman・2021年7月1日

養分なんで😂
でもスリートレーダーの劇狭スプに慣れるとゲムでやるの怖いんでやめときます😅

引用元:@onigiri7313・2021年11月10日

ここまで言わしめるスリートレーダーの口座スペック。

スゴイスゴイと言ってもどれだけ凄いのか、2種類ある取引口座の条件は次の通りです。

口座タイプ Rawゼロ口座 Pureスプレッド口座
スプレッド 0pip~ 0.5pips~
取引手数料(1lotあたり) 往復0.4pips 無料
最大レバレッジ 500倍 500倍
最低入金額 10万円 1万円
最小取引ロット 0.01lot 0.01lot
取引プラットフォーム MT4 MT4

やはり目が行くのはスプレッドの狭さですね。

あまりに狭いスプレッドで国内FX業者とも遜色ないのでは?という声も聞こえてきます。

おぉ!
既にスリートレーダー戦士なんですね!

確かに国内より狭いのもありますよね~
国内使うメリット税率だけになっちゃいますねw

引用元:@Mr_fxer・2021年11月9日

スプレッドが狭いだけでスキャルピングを始めとするトレードのしやすさが変わりますから、もう他には戻れないと言われるのも納得です。

ゴールドのスプレッドが驚異的

数ある取引通貨ペアの中でも、ハイボラトレードを好むトレーダーに愛される「ゴールド」のスプレッドが特に脚光を浴びています。

毎回思うけど
threetrader スリートレーダー 優秀すぎる

指標発表時
しかもこんな大花火の時でも
ゴールドスプ 0.4とかが普通で
ぶっ壊れてんじゃねーかと思っちゃうぐらい
感謝😭

たまに2.0とかあるけど
本当にたまーーに月曜日の朝ぐらい

スリートレーダーは辞められないぞな。

引用元:@KDqlRiX4gBQqKqB・2021年11月10日

スリートレーダーさん、今日のゴールドのスプレッドは0の割合多い✨

凄すぎる🐟💦

引用元:@nama_komacchi4・2021年11月11日

スプレッドの広がりやすい指標発表時でも変わらず狭いスプレッド。

ゴールドトレーダーの方々は、これまでとは全く別物のトレードに驚きを隠せない様子です。

マイナス面もある

一方で、中にはデメリットとも受け取れる評判も見つかっています。

スリートレーダーのポイント交換はスマホからだと死ぬほどやりづらいな
なんなら文字入力するとバグる

引用元:@kero12kero24・2021年11月18日

スリートレーダーでは取引量に応じてポイントが付与され、そのポイントを使って景品と交換できます。

その景品交換作業がスマホだとやりづらいとのこと。

スリートレーダーさんへ

朝スキャできないかなって今レート見てたら、rawでGEMFOREXさんよりスプレッド開いてるとかないわぁ😱😱😱

引用元:@fuzokuikita・2021年11月18日

また、早朝の時間帯はスプレッドが開きやすいとのこと。

どの業者にも通ずることですが、そもそも早朝のトレードは避けるか、スプレッドの現在値を確認の上トレードしましょう。

スリートレーダーは僕も気になってるんですが出金手数料が💦

引用元:@r59A7tSlu11TAKx・2021年11月9日

出金手数料については2021年10月以降完全無料化されています。

これまで月内2回目まで出金手数料が無料だったものが改善され、何回でも手数料無料で出金できるようになりました。

このようにスリートレーダーは続々とサービス改善を続けている業者です。

論より証拠 まずは使ってみる

スリートレーダーと海外FX業者を比較

スリートレーダー最大の強みであるスプレッド以外にも、いろいろな側面から他の海外FX業者と比較してみましょう。

比較対象はこれまでスプレッドの狭さで評価されていた海外FX口座です。

スリートレーダー
Rawゼロ口座
Tradeview
ILC口座
AXIORY
ナノスプレッド口座
TitanFX
Zeroブレード口座
XM Trading
ゼロ口座
Exness
ロースプレッド口座
取引コスト
ドル円(USDJPY)
0.4pips
(0+0.4pips)
0.6pips
(0.1+0.5pips)
1.0pips
(0.4+0.6pips)
1.03pips
(0.33pips+0.7pips)
1.1pips
(0pip+1.0pip)
0.7pips
(0pip+0.7pips)
取引コスト
ポンド円(GBPJPY)
1.0pips
(0.6+0.4pips)
1.0pips
(0.5+0.5pips)
1.6pips
(1.0+0.6pips)
2.15pips
(1.45pips+0.7pips)
2.2pips
(1.2pips+1.0pips)
1.2pips
(0.5pips+0.7pips)
取引コスト
ゴールド(XAUUSD)
1.3pips
(0.9+0.4pips)
0.8pips
(0.3+0.5pips)
1.8pips
(1.2+0.6pips)
2.81pips
(2.11pips+0.7pips)
3.0pips
(2.0pips+1.0pip)
0.285pips
(0.215pips+0.7pips)
最大レバレッジ 500倍 200倍 400倍 500倍 500倍 無制限
最低入金額 10万円 10万円 2万円 2万円 1万円 10万円
取引方式 NDD(ECN)方式 NDD(ECN)方式 NDD(ECN)方式 NDD(ECN)方式 NDD(ECN)方式 NDD(ECN)方式
約定力
実績
(新興業者のため)

※取引コスト:スプレッド+取引手数料

ドル円の取引コストではスリートレーダーが群を抜いて安いです。

その他、各業者との細かな違いを以下で解説します。

Tradeview

ポンド円やゴールドなどボラティリティの高い通貨ペアではTradeviewのスプレッドに軍配が上がります。

ただしTradeviewのILC口座では最大レバレッジが200倍と限定的。

とにかく安い取引コストを選ぶのか、ある程度のレバレッジの高さも求めるのかによって好みが分かれます。

AXIORY

AXIORYは2万円から始められる点と国内トレーダーからの高い人気が特徴です。

ただしスプレッドで比較すると、スリートレーダーのPureスプレッド口座の方が安いコストで取引できます。

Pureスプレッド口座なら初回入金額も1万円から始められるため、資金量で悩むのであればスリートレーダーのPureスプレッド口座がベターです。

TitanFX

TitanFXはスキャルピングトレーダーに人気の業者です。

しかしスリートレーダーの登場により、TitanFXから口座を移すトレーダーが続出しています。

取引コストを比較するとその理由が見えてきますね。

XM Trading

XMはその知名度と1万円から始められる敷居の低さが特徴です。

ただし口座スペックは徐々に後発の海外FX業者に抜かれてきました。

Zero口座ではXM自慢のボーナスももらえないため、トレード環境で選ぶならスリートレーダーに軍配が上がります。

Exness

Exnessはゴールドのスプレッドの狭さと最大レバレッジが無制限である点が魅力の業者です。

ただし約定力には不安が残り、ゴールドでのスキャルピングにはテクニックが必要です。

Exness 今週20万入金予定でしたが
今の含み益決済でまかなえそう

Exnessスプレッド狭いのでオススメ
ただ、約定力が激弱なので
初心者の方にはオススメできないです(・_・;)

引用元:Twitter@FXyuzurudesu

これまでの業者とは違うトレード体験

スリートレーダーのデメリット4項目

業界最狭のスプレッドを誇るスリートレーダーの懸念点も合わせて見ていきましょう。

スリートレーダーの評判を調べて見つかったデメリットは全部で4つです。

  1. 口座開設・入出金ボーナスがない
  2. TariTaliのキャッシュバック未対応
  3. 入出金は1万円から
  4. MT5未対応

それぞれ詳しく解説します。

口座開設・入金ボーナスがない

スリートレーダーには口座開設ボーナス、入金ボーナスがありません。

トレードに使えるのは自己資金のみです。

スプレッドの狭い業者はボーナスがない代わりにスプレッドを狭く設定できています。

ボーナスを犠牲に業界トップの狭いスプレッドでトレードできると考えれば、仕方がないこととも言えます。

もうスリートレーダーでしっかりリスクとろかな。

ボーナストレードより優良ブローカーでトレードする方がトータルでプラスな気がする。

引用元:Twitter@firefxman

TariTaliのキャッシュバック未対応

スリートレーダーはキャッシュバックサイト「TariTali」にも対応していません。

本来かかるはずの取引コストを軽減してくれるキャッシュバックサイト。

スリートレーダーは元々の取引コストが低いため、キャッシュバックの制度とはマッチしないのが理由です。

入出金は1万円から

スリートレーダーの入出金は1万円からになっています。

小まめに出金したい方は1万円以上の利益を目指す必要があります。

ただ出金手数料が無料化されたため、本当に1万円からでも出金できるのは嬉しいポイントです。
※利用する銀行口座によっては銀行側の手数料が別途発生する可能性あり

また、スリートレーダーのスプレッド最狭口座「Rawゼロ口座」は10万円以上の資金がないと利用できません

資金が足りない方は、まずスタンダード口座の「Pureスプレッド口座」で1万円から原資を増やして口座を移す手もあります。

スリートレーダーのスタンダード的口座でも悪くないな

引用元:Twitter@4IX9AP3DUKJARGH

MT5未対応

スリートレーダーは現在MT5には未対応です。

MT5でのトレードに慣れている方には使いづらいかもしれません。

ただMT4でも問題なく稼働してくれるため、トレードツールによる遜色はほとんどなさそうです。

スリートレーダー本格的に触ってみたけど、
ピュア口座(ノーマル口座)ですらMT4でもぬるぬる動くし約定がくっそ早いし
ゴールドは昼間のスプ0.8で夜でも1.5前後とかやばくないですか?
ボーナス無いけどこれスキャルパーにのっては間違いなく最強ブローカーでしょ。
欠点はレバ500くらいか。

引用元:Twitter@9WMCFTonxuxTt4S

口座開設はこちら

スリートレーダーのメリット10項目

ここからはスリートレーダーのメリットを利用者の評判や口コミとともに掘り下げていきます。

スリートレーダーのメリットは全部で10項目です。

  1. スプレッドが業界最狭
  2. スキャ向きの約定力
  3. ストップレベルがゼロ
  4. ゼロカットに対応
  5. 出金速度は業界最高クラス
  6. 出金手数料ゼロ
  7. ポイントで家電と交換できる
  8. 仮想通貨トレードにも対応
  9. 透明性の高いNDD方式の業者
  10. 日本語サポートが丁寧
  11. 最狭スプレッドは自動売買にも強み

スプレッドが業界最狭

繰り返しになりますが、スリートレーダーはドル円のスプレッド・取引コストが業界最安です。

業界平均のドル円スプレッドが1.5pipsほど。一方でスリートレーダーでは0.4pipsです。

スプレッドが狭すぎるからポジりまくって自滅するのだけ要注意

それが原因でまんぼうはスリートレーダー単体で負けてるけどw

またそのうちそれなりの金額を入金して使うブローカーです

引用元:Twitter@manbou_FX

スキャルピングを行う際にはすぐに利益転換するため、利益を稼ぎやすいのではないでしょうか。

スキャ向きの約定力

スキャルピングのやりやすさを左右するのはスプレッドだけではありません。

狙った価格でポジションを持てるかを測る「約定力」も大事な要素です。

スリートレーダー、色々あったけどこのスプで約定激早だから許す

引用元:Twitter@FX74559705

その点スリートレーダーの利用者からは約定力に関する評判が良くスキャルピングしやすそうです。

ストップレベルがゼロ

スリートレーダーのストップレベルはゼロです。

スリートレーダーのスペック、アタマおかしいと思ふ
ゴールドのストップレベル0だし、日中のスプレッド8とか9だし。

引用元:Twitter@nobclarinet

好きな価格に指値・逆指値を設定できます

約定力の高さと相まって、よりトレードのしやすさが感じられます。

ゼロカットに対応

海外FXならではのゼロカットにも対応しています。

急激な為替変動で口座残高がマイナスになっても、業者側が損失を負担してくれる制度です。

出金速度は業界最速クラス

スリートレーダーは出金速度にも定評があります。

サービスをスタートして間もなくは、出金速度に関して不満の声がちらほらありました。

しかし2021年の8月頃から改善され、今では業界トップクラスの着金速度との声もあります。

スリートレーダーは出金クソ早くなったね。

昨日申請して本日着金👏
もちろん手数料完全無料。

引用元:Twitter@firefxman

出金手数料ゼロ

スリートレーダーの出金手数料は何度出金しても無料です。

こちらも出金速度と合わせて改善が施されてきたポイントです。

当初は同月内3回目以降の出金には一律2.5%の出金手数料が発生していました。

これが撤廃され、小まめな出金が可能になっています。

※銀行によっては銀行側で手数料が発生することもあります。

透明性の高いNDD方式の業者

取引方式も安心のNDD(ECN)方式の業者です。

間に業者を挟まず、電子的に取引が行われるためECN方式の口座は透明性が高いと言われています。

ポイントが家電と交換できる

スリートレーダーにはポイント制度があり、貯めたポイントはiPhoneやダイソンなどの豪華家電と交換できます

そういえばダイソンからご注文の確認メール来てた‼️スリートレーダーさんありがとうございます‼️到着楽しみに待ってます😊

引用元:Twittter@A1vzJ

スリートレーダーのポイント交換でiPhone 13mini送ってもらいました。😃
やっぱりこれくらいの大きさがいいな。

引用元:Twittter@tako14532424

ポイントは取引量に応じて付与され、1lotあたり10ポイントとなります。

交換できるポイント一覧

166ポイント:10ドル
833ポイント:50ドル
1,666ポイント:100ドル
8,333ポイント:AirPods Max
16,700ポイント:Apple watch Series 6
25,000ポイント:iPhone12 pro
44,000ポイント:ゲーミングモニター
などなど

現金とも交換できるため、キャッシュバック制度としても活用できそうですね。

仮想通貨トレードにも対応

スリートレーダーでは仮想通貨の取引もできます。

取扱銘柄はビットコインを含む全14銘柄です。

最大レバレッジ20倍と海外FX業者の中でもトップクラスの充実度です。

日本語サポートが丁寧

スリートレーダーは日本語サポートが迅速かつ丁寧です。

不明点があればHPのLiveChatですぐに回答してもらえます。

投資ハックでは実際にポイント交換できる商品一覧についてホームページ上のLiveChatで質問してみました。
スリートレーダーは日本語サポートが手厚い引用元:ThreeTraderLiveChatより

メッセージを送信してすぐに既読がつき、1分以内に返信が来ます。

日本人のカスタマーサポートが複数人確保されている証明でしょうか。

返信の内容も丁寧で安心できる印象を受けました。

また、スリートレーダーはTwitter上でのカスタマーサポートにも力を入れています。

この件でスリートレーダー担当者さんからDMがきた😳

ドルインデックスの不具合について、お詫びの連絡
新ブローカーはハズレばかりだったけど、こういう丁寧なフォローしてくるブローカーさんは初めて😆

スリートレーダーの評価が更に上がりました
応援しております👍

引用元:Twitter@rondbell2014_fx

Twitter上でも疑問点を解消してくれる姿勢に熱意を感じます。

最狭スプレッドは自動売買にも強み

スリートレーダーではEAなどの自動売買の利用制限もありません。

持ってる有料EAをThreeTraderのスプレッドでバックテストしたら他通貨ペアで使えそうやったんで、明日からデモ口座でフォワードしてみる。

フォワードでもバックテスト並みに成績良ければアホみたいに稼げそう。

引用元:Twitter@shikaou_net

スプレッドが狭いため、自動売買もやりやすい業者と言えます。

スリートレーダーは安心して使われている業者

スリートレーダーの評判や特徴をリサーチしたところ、多くの国内トレーダーから信頼を得ている業者だと分かりました。

業界最高スペックの口座でスキャルピングをしてみたい方は是非試してみてください。

当サイトではスリートレーダーの他にも海外FXのスキャルピングに適した業者を紹介しています。

興味があればこちらも合わせてご覧ください。

スリートレーダーのホームページ

スリートレーダー

業界最高スペックの取引環境

ThreeTrader Global Limited

公式サイトへ

提供する情報に関する注意点

本サイトで提供する情報には細心の注意を払っておりますが、情報の正確性その他一切を保証するものではありません。あくまでも情報提供を目的としており特定のFX会社に勧誘をするものではなく、本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は責任を負いません。また、当サイトは日本居住者を対象としたものではありません。

コメント

まだコメントがありません。

コメントする

File name:

ファイルサイズ:

利用規約を厳守の上、ご投稿ください。