為替介入のリスクを回避しつつ、短期間で利益を狙うには?

TitanFXの評判”海外FXのスキャルピングに最適な業者”

TitanFX(タイタンFX)は業界トップクラスに狭いスプレッドや世界各国の金融機関と同等のサーバー設備による高い約定力が評判です。

そんな最高の取引環境により「海外FXでスキャルピングをするならやっぱりTitanFX」との共通認識がトレーダーの間に根付いているほどです。

豊富な出金実績や積極的な情報開示でトレーダーからの信頼も厚いTitanFX。

評判や運営会社の情報、2種類ある口座タイプ比較、メリット・デメリットなど、TitanFXに関するすべてを明らかにしていきます。

TitanFXの評判”高額出金にも対応しトレードしやすい業者No.1”

TitanFXの評判

TitanFXの評判を調べると、大きく3種類の内容に分類できました。

  1. 出金拒否がなく豊富な出金実績
  2. スキャルピングと言えばここ
  3. 約定力が高くトレードしやすい

それぞれについて実際の口コミと合わせてご紹介します。

出金拒否がなく豊富な出金実績

TitanFXは出金拒否がないどころか、高額な出金もトラブルなくできる安心の業者と評判です。

例えばTitanFXユーザーのみみりんさん。

4か月と経たずに累計出金額が1億円を超えたそうです。

引用元:Twitter@mimirin_koshikiより

9割が入金額とのことですので、1億円のうち1,000万円ほどが利益ですね。

資金として入金したお金も、入金して稼いだ利益も問題なく出金できて安心できたとのこと。

高額出金にも対応しているため、本気で稼いだ利益が水の泡になる心配はなさそうです。

また、TitanFXの出金関係では出金手数料がかからない点や迅速な出金対応も評判を集めています。
引用元:Twitter@mimirin_koshikiより

引用元:Twitter@vivihironikaより

平日の日中帯に出金申請をすれば5分以内に着金するとは、国内銀行間の振込反映レベルですね。

スキャルピングと言えばここ

TitanFXは海外FXのスキャルピング向け業者の代表格として地位を確立しています。

国内FXでスキャルピングをしていたけどレバレッジが物足りない。XMなどの海外FX業者だとスプレッドが広くてスキャルピングしづらい。

そんな悩みを解決するのがTitanFXです。

スキャルピングと言えばTitanFX出典:Twitter@GKT_fx

スキャルピングと言えばTitanFX引用元:Twitter@kiyu_fxより

海外FXのスキャルピングと言えばTitanFXというのがトレーダーたちの共通認識になっています。

約定力が高くトレードしやすい

TitanFXはトレードのしやすさも評判を集めています。

その主な理由は業界最高クラスの約定力です。

もちろんスプレッドの狭さも貢献していますが、よりトレードのしやすさに影響しているのは約定力の方でしょう。

TitanFXの高い約定力の鍵を握るのは、TitanFXの取引サーバーが設置されている「エクイニクスNY4」というデーターセンターです。

エクイニクス(Equinix)とはNASDAQ市場に上場している世界最大のデータセンター事業者です。

EQUINIX社のデータセンターは世界各国の金融機関やGAFAなどの世界有数の企業に利用されるほど高い信頼性を誇ります。

世界に200拠点以上あるデータセンターの中でもNY(ニューヨーク)4は特に評価の高いデータセンターです。

TitanFXの取引先(リクイディティプロバイダー)サーバーとの物理的距離も近く、注文の処理にかかる時間を極限まで短縮できるため高い約定力を実現できます。

引用元:Twitter@sherasamaFXより

TitanFXは約定力が高いという評判出典:Twitter@tintiroidkasou

約定力が高いと狙った価格で思い通りにトレードができます

細かく売買を繰り返すスキャルピングでも利益を稼ぎやすく「トレードがしやすい」という評判に繋がるのも納得です。

業界最高のトレード環境を体感

TitanFXの安全性や信頼性

トレーダーから高い評価を受けているTitanFX。

トレード環境は業界最高クラスと分かりますが、運営会社自体は信頼できる業者なのか

ここでは海外FX業者の信頼性や安全性を測る際によくチェックしたいポイント4つに焦点を当てて分析します。

  1. 出金拒否の有無
  2. 取引の透明性
  3. 金融ライセンス
  4. 顧客資金の管理方法

TitanFXは理不尽な出金拒否なし

まず、評判から分かる通りTitanFXの出金実績は豊富であり、出金拒否されるリスクは極めて低いです。

海外FX業者の中には厳しい取引ルールを定め、少しでも違反すると出金拒否や口座凍結の口実にするところもあります。

しかしTitanFXには取引制限が一切なく、スキャルピングや自動売買など好きなようにトレードできます。

ルール違反を理由とした出金拒否がなく、高額出金にも対応しているため不当な理由でお金を失う可能性は低いです。

取引先を公開しており透明性が高い

TitanFXはLPを公開している珍しい海外FX業者で、情報開示に積極的な信頼できる業者と言えます。

LPとはLiquidity Providerの略で、主に金融機関を指します。

トレーダーが出した注文とLPが出した注文の価格が一致するものを自動的にFX業者がマッチングさせることで取引を成立させます。

LPの公開はTitanFXの取引先を公開するのと同義であり、不正な注文の操作がしづらい状況を自ら作っていることになります。

TitanFXは情報開示に徹底した透明性の高い業者です。

バヌアツ共和国の金融ライセンス

TitanFXが取得している金融ライセンスはバヌアツ共和国のVFSCというものです。

もともとニュージーランドのライセンス登録だったTitanFX。

バヌアツの金融ライセンスに乗り換えたことで、より信頼のおけるサービスを提供できるようになったと言います。

事実バヌアツの金融ライセンス規制は強化されており、取得に必要な条件も厳格化されています。

TitanFXは法的にも信頼のおける運営会社と言えます。

顧客資金は分別管理

顧客資金の管理方法は仮に会社が倒産した際に資金が返金されるか否かを示しています。

TitanFXの管理方法は「分別管理」。

会社資金と顧客資金を別の口座に分けて管理しています。

とは言え、もしも倒産する場合には会社資金だけで債務返済ができない場合、顧客資金まで手が回ることもあります。

会社が倒産する場合は資金が返ってこない可能性があることを認識しておきましょう。

とは言え国内トレーダーから人気のある業者で倒産した事例は聞いたことがありません。

考慮しておくに越したことはありませんが、資金管理方法に敏感になりすぎると返って海外FXの旨みを最大限に活かせなくなる可能性もあります。

信頼のTitanFXでスキャルピング

TitanFXのデメリット

TitanFXでトレードするにあたりデメリットとなりうる点が3つ見つかりました。

  1. 過去にはスリッページが発生していた
  2. 銀行送金での入金は最低10万円から
  3. TitanFXにはボーナスがない

それぞれがトレーダーにとってどんな不利益になるのか解説します。

過去にはスリッページが発生していた

TitanFXでは度々スリッページが発生しておりトレーダーを困らせていました。

スリッページとは注文を出した価格と実際に約定する価格の差のことです。

一般にはこの価格差が大きく開くことを指して「スリッページ」という言葉が使われています。

TitanFXでは特に2017年~2019年、ロット数が多いトレーダーにスリッページが発生しやすい状況だったようです。
引用元:Twitter@ackeyproより

引用元:Twitter@2nd_Jtraderより

現在ではスリッページに関する評判は見つからず、取引環境が改善されているようです。

銀行送金での入金は最低入金額10万円

TitanFXに入金する際、国内銀行送金を利用する場合は最低入金額が10万円からと高額です。

やむを得ずクレジットカードなどの決済方法が使えず、10万円の資金はまだない方もいるでしょう。

そんな方は国内銀行送金でも1万円から入金できるXM入金不要で2万円のボーナストレードができるGEMFOREXで資金を増やしてからTitanFXを始める手もあります。

TitanFXにはボーナスがない

TitanFXではボーナスがもらえない点をネックに感じる方もいるでしょう。

TitanFXはスプレッドが狭く、最高のトレード環境を提供することに特化した業者です。

ボーナスがない分だけ狭いスプレッドを提供できています。

ボーナスよりも取引環境を重視する中・上級者向けの業者です。

ボーナスよりも取引環境を重視する

TitanFXのメリット

次にTitanFXがトレーダーたちに選ばれている理由となるメリット12を見ていきましょう。

  1. スキャルピングに適した取引環境
  2. 取引手法に制限なし
  3. 業界最狭クラスのスプレッド
  4. EQUINIX製サーバーの高い約定力
  5. 透明性の高いNDD業者
  6. 高額資金でもレバレッジ制限なし
  7. ロスカット水準20%
  8. EAを使った自動売買ができる
  9. 仮想通貨も取引できる
  10. 【終了】無料コピートレード

スキャルピングに適した取引環境

やはりTitanFXが使われる1番の理由はスキャルピングに最高の環境が整えられていることです。

以下でTitanFXのどんなところがスキャルピングに最適なのか詳しく特徴を解説していきます。

取引手法に制限なし

まずは取引手法に制限がないこと。大前提ですが、海外FXでもスキャルピングを制限している業者は多いです。

TitanFXならスキャルピングも自動売買も可能。自由な取引ができます。

業界最狭クラスのスプレッド

次にスプレッドの狭さはスキャルピングの絶対条件です。

TitanFXのスプレッドは実績のある海外FX業者の中では1位,2位を争うトップクラス

細かな値幅の売買でも利益を稼ぎやすいです。

EQUINIX製サーバーの高い約定力

スキャルピングをする上で狙い通りの価格で約定するかも大事な要素。

細かく売買を繰り返すため、1取引あたりの約定のズレがチリツモで大きな違いになります。

TitanFXは世界最大のデータセンターを持つEQUINIX社のサーバーを利用しています。

EQUINIX社のデータセンターはGoogleやAmazon、世界の金融機関にも利用されており信頼性が高いです。

また、もともと機関投資家だけが利用できたティア1と呼ばれるインフラを個人投資家も利用できるよう開放したと言います。

評判からも分かるようにTitanFXの約定力の高さは本物です。
引用元:Twitter@sherasamaFXより

透明性の高いNDD業者

TitanFXはNDD業者であり、取引の透明性が高いです。

NDD(No Dealing Desk)とはトレーダーの注文を約定させるのに、間に業者が介入せずに直接注文をマッチさせる方式を言います。

反対に注文の約定を業者が行う取引方式をDD(Dealing Desk)と呼び、業者による価格操作が起きやすいと言われています。

海外FX業者を選ぶ際はトラブルを避けるためにもNDD業者を選びましょう

高額資金でもレバレッジ制限なし

TitanFXは資金が増えてもレバレッジが制限されない数少ない業者です。

海外FX業者の中には資金が200万円を超えると最大レバレッジの半分以下まで制限される業者も複数あります。

どれだけ資金が増えても同じ資金効率でトレードできるため、長期的に利用できる業者です。

ロスカット水準20%

TitanFXのロスカット水準は20%。海外FX業者の中でも低い水準です。

ロスカット水準は低いほど含み損に耐えられるため、ハイレバスキャルピングをしたい方にはありがたい条件です。

EAを使った自動売買ができる

前述の通りTitanFXには取引制限がありません。

スキャルピングが出来れば、EAによる自動売買もできます。

スキャルピング向きの業者は実が自動売買にも適した取引環境です。

TitanFXは自動売買トレーダーの方にも好かれる業者です。

仮想通貨も取引できる

TitanFXでは仮想通貨取引にも対応しています。

取引可能銘柄は以下の12銘柄。

  1. ビットコイン(BTC)
  2. イーサリアム(ETH)
  3. リップル(XRP)
  4. ビットコインキャッシュ(BCH)
  5. ライトコイン(LTC)
  6. バイナンスコイン(BNB)
  7. ポルカドットコイン(DOT)
  8. ユニスワップ(UNI)
  9. チェーンリンク(LNK)
  10. ステラ(XLM)
  11. イオス(EOS)
  12. テゾス(XTZ)

レバレッジ20倍で仮想通貨取引ができ、ハイボラ銘柄でトレードしたい方は触ってみても面白いかもしれません。

【終了】無料コピートレード

TitanFXではZulu Tradeと呼ばれるサービスでソーシャルトレード(コピートレード)を行うことができました。
※2021年8月でサービス終了

コピートレードとはプロの投資家などが行う取引を完全に真似して自動で売買を行ってくれるシステムです。

TitanFXを利用するトレーダーは自力のトレードで稼いでいきたい方が多い印象のため、サービス終了してもそれほど影響はなさそうです。

TitanFXの口座ごとの特徴早見表

口座タイプ スタンダード口座 ブレード口座
最大レバレッジ 500倍 500倍
ボーナス なし なし
スプレッド(ドル円) 1.33pips~ 0.33pips~
取引手数料(1lotあたり往復) 0 3.5$(往復7$)
取引コスト(1lotあたり往復) 1.33pips~ 1.03pips~
最小注文数 1,000通貨 1,000通貨
最低入金額 約2万円(200$) 約2万円(200$)

スタンダード口座とブレード口座の主な違いは取引コストです。

スタンダード口座は取引手数料がかからない代わりにスプレッドがやや広いです。

一方ブレード口座はスプレッドが狭い代わりに1ロットあたり往復7ドルの取引手数料が発生します。

口座選びの目安

1回あたりの取引量1.5ロットが基準
1.5ロット以上ならスタンダード口座
1.4ロット以下ならブレード口座

スタンダード口座で開設

ブレード口座で開設

スキャルピング向き海外FX業者と比較

TitanFXとその他のスキャルピングトレーダーに人気の業者を比較しました。

全9項目で徹底的に比べています。

比較項目 TITAN FX
(Zeroブレード口座)
XM Trading
(Zero口座)
AXIORY
(ナノスプレッド口座)
コスト(ドル円) 1.03pips 1.1pips 1.0pips
初回入金額 2万円 1万円 2万円
約定力 業界トップレベル 業界トップレベル 業界トップレベル
データセンター EQUINIX他世界数か所 ロンドン EQUINIX
取引方式 ECN方式 ECN方式 ECN方式
最大レバレッジ 500倍 500倍 400倍
ロスカット水準 20% 20% 20%
ストップレベル 制限なし 制限なし 制限なし
ゼロカット あり あり あり

※コスト=スプレッド+取引手数料

実績のあるスキャルピング向き業者と比較しても、やはりTitanFXのスペックが1番です。

特にスプレッドの狭さと最大レバレッジの高さでTitanFXに軍配が上がります。

海外FXでスキャルピングをするなら最高の環境でチャレンジしましょう。

TitanFXで無料口座開設

TitanFXのホームページ

TitanFX

業界トップレベルに狭いスプレッドに高い約定力。取引環境を重視するトレーダーから人気。

Titan FX Limited

公式サイトへ

提供する情報に関する注意点

本サイトで提供する情報には細心の注意を払っておりますが、情報の正確性その他一切を保証するものではありません。あくまでも情報提供を目的としており特定のFX会社に勧誘をするものではなく、本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は責任を負いません。また、当サイトは日本居住者を対象としたものではありません。

コメント

まだコメントがありません。

コメントする

File name:

ファイルサイズ:

まだファイルがありません。

利用規約を厳守の上、ご投稿ください。