円安→円高の相場転換で爆益を狙えるFX口座

FXハイレバ取引 少額から短期で稼ぎ切る手法と練習方法

FXのハイレバを駆使すれば数万円から億を目指すことも不可能ではありません。

少額資金からある程度までハイレバで増やせれば、後はレバレッジを下げて比較的安定したトレードに移行したい方も多いはず。

その第一歩となるハイレバFXでは最大1,000倍以上のレバレッジをかけながら借金リスクのない海外FXを使うこと、そしてハイレバをものにできるトレード手法やコツを身に付けることがポイントです。

FXにおけるハイレバの魅力やハイレバFXにおすすめの海外FX業者、ハイレバトレードの実践手法・練習方法を学び、1回のトレードで大きく稼げるトレーダーの仲間入りをしましょう!

FXハイレバ取引 少額から短期で稼ぎ切る手法と練習方法

FXのハイレバトレードは短期で成り上がる近道

数ある投資対象の中でFXほど少額から短期間のうちに大金を狙えるものはありません。

その肝となるのがFXでのみ許された高いレバレッジです。

株やETFでも信用取引といってレバレッジをかけることはできますが、最大でも3倍までです。

一方FXなら国内業者でも最大25倍、海外業者では最大500倍~1,000倍が一般的です。

少額からでも自分の資金量以上の取引額を運用できるため、大きな利益を狙うことができます。

例)レバレッジ500倍で取引する場合
1万円の資金なら500万円分の通貨が売買が可能

実際に1万円を運用した時、利益がいくらぐらいになるのか見てみましょう。

1万円からハイレバFXで稼げる利益シミュレーション

当然ながらかけるレバレッジ倍率が高いほど、同じ資金でも稼げる利益金額は大きくなります。

国内FX業者と海外FX業者のそれぞれで上限ぎりぎりまでハイレバトレードをした場合、どれぐらい利益に差が出るのか比較しました。

国内FX:レバレッジ25倍

国内FXでは損切り幅を10pipsまで狭めてぎりぎりまでロット数を引き上げても、少額から脱するには何度もトレードを成功させる必要があります。

【国内FX業者で1万円トレード】
10pipsで損切りする場合、注文できるロット数は0.05ロット
利幅10pips:利益500円
利幅20pips:利益1,000円
利幅50pips:利益2,500円
※ここではスプレッドは加味していません。

ハイレバトレードのポイントはトレードの回数は少なくても1つ1つの取引で大きく稼ぎ切ること。

短期で大きく稼ぎたいなら国内FXで少額からトレードするのはあまり旨みがないと言えるでしょう。

海外FX:レバレッジ1,000倍

一方、海外FXなら10pipsの利幅が取れればそれだけで資金は倍になります。

【海外FX業者で1万円トレード】
10pipsで損切りする場合、注文できるロット数は1ロット
利幅10pips:利益1万円
利幅20pips:利益2万円
利幅50pips:利益5万円
※ここではスプレッドは加味していません。

10pipsと言うと比較的値動きが安定しているドル円でも5分ほどで値動きする値幅です。

FXのハイレバ向き銘柄ドル円出典:TradingView「米ドル/円チャート」より

ハイレバトレードは己のメンタルとの勝負という側面もありますが、5分以内に決済できれば精神的に疲れることもありません。

ハイレバで攻めると決めたらとことんハイレバに徹することです。

ハイレバFXのロット計算方法

ハイレバFXと言っても闇雲にレバレッジを高くするとロスカットされやすくなるのはご認識の通りでしょう。

リスク管理をするにはレバレッジを何倍かけるか?よりも損切り幅を何pipsに設定し、そのために何ロットで取引するかを考えましょう。

トレードする際のロット数は口座残高と損切り幅との兼ね合いから計算して設定することができます。

【ロット計算式】
口座残高(円) ÷ 損切り幅(pips) ÷ 1,000 = ロット数

例)
10,000(円) ÷ 10(pips) ÷ 1,000 = 1(ロット)
100,000(円) ÷ 20(pips) ÷ 1,000 = 5(ロット)
※海外FXスタンダード口座の場合

式に当てはめると1万円で10pipsの損切り幅でトレードしたい場合は1ロットで取引すれば良いことが分かります。

10万円で20pipsで損切りするなら5ロットです。

このように取引するロット数は、自分が何pips以内の逆行幅でトレードできるのかトレードレベルに応じて引き上げていきます。

資金が少なくても損切り幅を狭めてロットを張れるようになれば、ますます大きな利益が狙えるようになりますよ。

では、どうすれば狭い損切り幅でエントリーしても勝てるようになるのか、そのコツや練習方法を見ていきましょう。

ハイレバFXの成功法則

ハイレバFXを成功させて大きく稼ぐには、業者選びから実際の取引で決済を完了するまでの間に6つポイントがあります。

トレード手法には正解がなく、どんなインジケーターを使おうと上手くいけば問題ありませんが、これら6つのポイントだけはハイレバFXに欠かせないものと考えてください。

【ハイレバFXの成功法則】

  1. 取引環境の良い業者や口座を使う
  2. イレギュラーな値動きをする時間帯を避ける
  3. 安定した値動きの通貨ペアを選ぶ
  4. スプレッドの狭い通貨ペアを選ぶ
  5. エントリー根拠は5分足以下
  6. ぎりぎりまで引き付ける

1つ1つ根拠と共に理解し、今後のトレードに活かせるようにしましょう。

この6つのルールを守れればハイレバトレードの成功に大きく近づきます。

取引環境の良い業者や口座を使う

まず、トレードする環境は絶対です。

ハイレバFXでは1pipsのスプレッドの差や約定のずれが勝敗を分けます。

ハイレバトレードを行う環境を選ぶ基準は以下の3つ。

【ハイレバ向き口座の選定条件】
・スプレッドが狭い
・約定力が高い
・ロスカット水準が低い

この3つの基準をすべて叶えているのが海外FX業者のExnessです。

無制限のレバレッジに加えスプレッドはドル円が1.1pipsで業界最狭水準、約定力も申し分なく、ロスカット水準は海外FX業界でも珍しい0%。

レバレッジ最大1,000倍の他の業者では1万円で1ロットもの取引はできません。

また、ロスカット水準は20%が一般的なので1万円の資金であれば残高が2,000円まで含み損で減ってしまうとロスカットされてしまい、耐えられる損切り幅が20%分狭くなります。

その点ExnessはハイレバFXに必要な要素が揃っているためハイレバトレーダーから人気を集めています。

この他、100%入金ボーナスで資金を2倍にして大きくロットを張れるGEMFOREXなどを活用するトレーダーも多いです。

ハイレバ用のFX口座を用意できたら、いよいよトレードに臨んでいきましょう。

ただしトレードする時間帯が重要です。

イレギュラーな値動きをする時間帯を避ける

FXは値動きが読みづらくなる時間帯があるため、あらかじめその時間帯でのトレードは避けましょう。

【イレギュラーな値動きをするタイミング】
・経済指標発表の前後1時間程度
・各国の市場が開く前後1時間程度
・月曜日朝と金曜日夜
・重要ニュース公表前後

指標発表はあらかじめ各FX業者のカレンダーや羊飼いFXのブログ、チャートツールTradingViewのチャート上などいたるところで確認できます。

トレードを開始する前に念のため確認しておきましょう。

また、各国の市場オープン前後では急激に値動きの方向性が変わりやすくテクニカル分析が機能しづらいです。

下記の時間帯は取引を避けた方が賢明です。

  • 東京市場:9時~10時
  • ロンドン市場:15時~17時
  • NY市場:21時~22時

特に「欧州」と呼ばれるロンドン市場のオープン前後はそれまでの東京時間の値動きから一変しやすいため注意が必要です。

欧州が始まる前にポジションを持っていた場合、一度ポジションを閉じて(決済して)様子を見るトレーダーも多いです。

また、週末には世界中の市場が閉まるため、市場が閉まる前に決済する人が多い金曜の夜や市場が開いて取引が開始される月曜日の朝も値動きが読みづらいため避けましょう。

この他、各国経済や戦争などに関する重要ニュースが発表された時は値動きが激しくなりやすいので注意です。

日本時間の6時~8時頃も流動性が低くスプレッドが広がりやすいためハイレバ取引は止めましょう。

どうしても行いたい場合はあらかじめリアルタイムスプレッドを確認した上で取引してください。

安定した値動きの通貨ペアを選ぶ

ハイレバトレードをする際は値動きの安定した通貨ペアを選びましょう。

おすすめはチャートパターン通りにエントリーしてもだましに合う可能性が低いドル円(USDJPY)です。

ハイレバトレードでは10pips以内の逆行でトレードできることが理想です。

その点ドル円はトレンドラインにタッチした後、逆行する幅が短くロスカットされにくいです。

ハイレバであえば広い値幅を狙わずとも10pipsだけ取れれば資金を倍にできるため値動きの激しさは必要ありません。

スプレッドの狭い通貨ペアを選ぶ

また、ドル円はどの業者でも最もスプレッドが狭い通貨ペアです。

スプレッドが狭いほど耐えられる逆行幅も広くなります。

例えば10pipsで損切りする設定のとき、この10pipsにはスプレッドも加味して考える必要があります。

エントリーした瞬間にスプレッド分不利に約定するからです。

ドル円なら1pips程度で済むスプレッドもポンド円なら2pips程度、ゴールドなら3pips程度取られ、その分耐えられる逆行幅は8pipsや7pipsと狭くなってしまいます。

なるべく楽にハイレバトレードするにはドル円のようにスプレッドの狭い通貨ペアを選びましょう。

通貨ペアを決めたらいよいよエントリータイミングの見極めです。

エントリー根拠は5分足以下

ハイレバFXでのエントリーは5分足チャートか1分足チャートを根拠に行います。

1分足チャートはだましが多いため、5分足チャートがおすすめです。

5分足チャートを使うのは、5分足のローソク足なら1本が確定するまでに逆行する値幅が狭くヒゲが長く伸びにくいためハイレバでもロスカットされにくいからです。

また、エントリーのタイミングを計りやすい上、トレンドの転換にも素早く気付けるので利確・損切りの判断がしやすいメリットがあります。

ぎりぎりまで引き付ける

最後に、ハイレバでエントリーする時はエントリー根拠ぎりぎりまで価格が来たら取引ボタンを押しましょう。

根拠となる価格と1pipsも幅が開かないことが理想です。

これには感情がエントリーの邪魔をしないようにすることが近道で、あらかじめエントリーすることを決めた価格に指値注文を活用するのも1つの手です。

エントリー根拠となる価格を通過して既に数pips離れたところまで価格が推移してしまっている場合は、慌てて飛びつかずに次のチャンスが来るまで待ちましょう。

以上、ハイレバFXで成功するコツを6つ見てきました。

【ハイレバFXの成功法則】

  1. 取引環境の良い業者や口座を使う
  2. イレギュラーな値動きをする時間帯を避ける
  3. 安定した値動きの通貨ペアを選ぶ
  4. スプレッドの狭い通貨ペアを選ぶ
  5. エントリー根拠は5分足以下
  6. ぎりぎりまで引き付ける

勝てるトレード手法を探す前に取引環境やトレードする時間帯、通貨ペア、表示させるチャートも大切な要素です。

ここまでのポイントを押さえられたらハイレバ手法の実践に入っていきましょう。

FXのハイレバ手法

ハイレバFXでは大まかな値動きの流れを確認して、流れに逆らわないようにエントリーしていくことでハイレバでも大きく値幅をとりやすくなります。

また、入金方法にもコツがあります。

資金を5~10分割して取引口座に入金する

ハイレバトレードをする際には資金の全額を取引口座に入れずに分割して入金します。

ハイレバFXでは当然ながらロスカットされるリスクもあるため、分割入金することでトレードにチャレンジできる回数を増やします。

可能であれば取引口座とは違う口座にあらかじめ資金の全額を入金しておき、分割した資金だけを取引用の口座に移すようにします。

すると都度入金反映のために数時間も待たなくて済みます。

入金が済んだらトレードを始めていきましょう。

1時間足チャートで中長期のトレンドを見る

まずは1時間足チャートを表示させ、大きな値動きの方向性を確認します。

大きな値動きに逆らわずにトレードすることで利幅を伸ばしやすい上、だましに合いづらくなります。

FXのハイレバ手法1出典:TradingView「米ドル/円チャート」より

このチャートの場合、1時間足では上昇のトレンドの最中です。

15分足で短期のトレンドを見る

次に15分足チャートで1時間足チャートのトレンドの中の短期トレンドを見ます。

下のチャートをご覧ください。

FXのハイレバ手法2出典:TradingView「米ドル/円チャート」より

大きな上昇トレンドの中でも短期的には上昇トレンドと下降トレンドを繰り返していることが分かりますね。

この大トレンドと小トレンドの方向性が一致しているか、違っているかに応じてトレードの考え方が変わってきます。

【大トレンドと小トレンドの方向性が一致】
・中期順張り:トレンドの押し目を狙う
・利確目安:10pips~

【大トレンドと小トレンドの方向性が異なる】
・短期逆張り:トレンド形成中の過熱感を利用して素早く利確
・利確目安:5~10pips

短期逆張りは利確の判断が難しいため、まずは大トレンドと小トレンドの方向性が一致している時に順張りでエントリーしましょう。

大トレンド・小トレンド共に上昇方向ならロング、共に下落方向ならショートだけを狙います。

5分足のRSIでエントリーポイントを判断

エントリーポイントは5分足チャートに表示させたRSIを用いて判断していきます。

今回は上昇トレンドを例にエントリーポイントの見極め方を解説します。

FXのハイレバ手法3出典:TradingView「米ドル/円チャート」より

1つのトレンドの中でもエントリーポイントとして狙える箇所はいくつかあります。

【パターン①】
特徴:値幅が取りやすいものの、だましに合う可能性も高い

小トレンドが下降から上昇へ切り替わるタイミングを狙ったエントリーです。

エントリーの条件は3つ。

①ローソク足が大トレンドの下限のラインにタッチしていること。
②ローソク足の実体が下限のラインを超えていないこと。
③RSIが30にタッチしていること。

このエントリー条件を満たすのは以下のような形です。

FXのハイレバ手法エントリーポイント1出典:TradingView「米ドル/円チャート」より

ここでうまくエントリーできれば大トレンドの下限から上限までの広い値幅を取れることが分かります。

この例ではハイレバでも約150pipsが取れています。

【パターン②】
特徴:狙える値幅は狭まるものの、だましに合う可能性は下がる

パターン①では小トレンドの転換を見越してあらかじめ逆張りをしていますが、パターン②は小トレンドの転換を確認してから押し目を狙う完全順張り手法です。

小トレンド転換の判断基準は3つ。

①ローソク足が切り下がり(下降トレンド)から切りあがりに(上昇トレンド)転換したか
②移動平均線がゴールデンクロスしたか
③ローソク足が確定した時点でRSIが50を超えたか
※下降トレンドを狙う場合はこの逆

この条件でトレンドの転換を確認したらエントリーポイントを待ちます。

FXのハイレバ手法エントリーポイント出典:TradingView「米ドル/円チャート」より

エントリーポイントはRSIが50以上を推移してからローソク足が確定した時点で50以下をつけたタイミングです。

実際のチャートで見てみると下図のような場面でエントリーを狙えます。

FXのハイレバ手法エントリーポイント2出典:TradingView「米ドル/円チャート」より

トレンドの中の押し目ぎりぎりを狙えるエントリーポイントです。

利確の目安はRSI70・30

うまくエントリー出来たら利確もRSIで判断します。

上昇トレンドを狙ってエントリーした場合、買われすぎを表すRSI70が利確の目安です。

下降トレンドの場合は売られすぎを示すRSI30が目安となります。

ハイレバでエントリーしている場合、利益の追いすぎは含み益を潰す原因となりかねません。

エントリーしてからうまく利益が載ってきたら、ストップロスを建値(エントリーした価格)に置いて万が一急激に相場が動いてもプラマイゼロで逃げられるようにしておくのもテクニックの1つです。

損切りは口座残高で調節

ハイレバでトレードする時は損切り=ロスカットとした方が余計な迷いがなくて上手くいきやすいです。

ハイレバトレードとなるとどうしても含み損益の変動やローソク足の動きで感情が動かされやすく、その結果勿体ないところで無駄な損切りをしてしまうことがあります。

だからこそ、取引口座にはもともとの資金の一部だけを入金するのがおすすめです。

あらかじめ決めた許容損失幅を超えたらロスカットされるため、損失額は入金した金額だけに限定できます。

Exnessなどの海外FX業者のゼロカットシステムの場合

ハイレバトレードの練習方法

ハイレバトレード手法を実践する前にある程度エントリーの練習は必要です。

効果的な練習方法を2つご紹介します。

口座開設ボーナスを活用する

1つは海外FX業者の口座開設ボーナスを活用してトレードすることです。

練習といえばデモトレードと考えがちですが、デモトレードとリアルトレードには3つの大きな差があります。

・スプレッド
・約定力
・トレード時の感情

まずデモトレード用の口座とリアルトレード用の口座ではスプレッドや約定力に違いがある業者もあります。

一般的にデモトレード口座の方がスプレッドが狭く約定力が高いため、稼ぎやすいです。

デモトレードで勝てるようになっていざリアルトレードに移行したら全く勝てないというのは有名な話しです。

また、実際のお金を投じているか否かでトレード時の感情の持ち方は変わります。ハイレバトレードならなおさらですよね。

その点口座開設ボーナスを利用したトレードは資金こそ入金する必要はなくとも、稼いだ利益はそのまま出金できるため利益を追い求める点では同じ環境で勝負できます。

ボーナス金額も1万円以上の業者が多く、ハイレバトレードにはちょうど良い条件です。

海外FXの口座開設ボーナス全43社一覧

0.01ロットで損切り幅を10pips以下に

また、エントリーからなるべく逆行させずにトレードするスキルを磨くにはロットを最小限にして練習するのもおすすめです。

ハイレバトレードを成功させるにはエントリーした瞬間から想定通りに値動きしてくれるのが望ましいですよね。

そのためにはエントリーのタイミングを磨くことが最優先です。

まずは0.01ロットで良いのでエントリーから10pips以内の逆行幅でトレードできるように練習しましょう。

ハイレバ取引におすすめの海外FX業者【ゼロカットあり】

ハイレバFXでは最大レバレッジが高く、仮に失敗してもゼロカットで借金リスクの海外FX業者の利用が大前提です。

中でもハイレバトレードに向いているのはレバレッジ無制限のExnessと最大200万円まで資金を2倍にできるGEMFOREXです。

ExnessはハイレバFXトレーダーのために生まれたような業者で、レバレッジ以外にもスプレッドの狭さや約定力の高さ、資金ぎりぎりまで損失に耐えられるロスカット水準0%など様々な側面から人気を集めています。

また、GEMFOREXの高額ボーナスを利用すれば本来の自己資金の2倍のロットで取引できるため、リスクはそのままにリターンだけを2倍にすることができます。

どちらもおすすめですが、資金が数万円程度の少額から始めたい方はExness、資金が数十万円以上ある方はGEMFOREXのボーナスを活用して増やしていくのがおすすめです。

ハイレバFXで億トレになった有名人

FXのハイレバトレードで億を超える資金を作った方の中には、トレードの様子を生配信し一躍有名になった方もいます。

例えば伝説的FXトレーダーのGFF氏。

彼はたった10万円の資金をたった2か月で6億円にしています。

手法は非常にシンプルでしたが、どのトレードでもハイレバで勝負し、倍々ゲームで資金を増やしていきました。

GFF氏の資産推移や手法はハイレバトレードをモノにしたい私たちにヒントを与えてくれます。

提供する情報に関する注意点

本サイトで提供する情報には細心の注意を払っておりますが、情報の正確性その他一切を保証するものではありません。あくまでも情報提供を目的としており特定のFX会社に勧誘をするものではなく、本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は責任を負いません。また、当サイトは日本居住者を対象としたものではありません。

コメント

まだコメントがありません。

コメントする

File name:

ファイルサイズ:

まだファイルがありません。

利用規約を厳守の上、ご投稿ください。