【2022年8月更新】海外FXの高額口座開設ボーナスランキング

FXで安定して1日5000円稼ぐ方法 資金額別3パターン

FXで1日5,000円稼ぐ方法は無数にありますが、どれを選ぶと無理なく継続しやすいかは資金額によって変わります。

この記事では資金10万円、1万円、100万円の3パターンにわけ、FXで1日5,000円稼ぐ方法を細かく分析。

取引ロット数や狙う利幅とそれに合ったFX手法、おすすめの通貨ペアまで導き出し、1日5,000円を達成できるようにサポートします。

FXで安定して1日5000円稼ぐ方法 資金額別3パターン

資金別FXで1日5000円稼ぐ方法

FXは他の投資と同様に資金額が大きいほど稼ぎやすくなります。

ただ、FXが他の投資と違うのは少額資金からでも始められて、少額から資金額を増やしていける点です。

同じ1日5,000円を稼ぐ目標を掲げていても、100万円の資金がある場合と1万円の資金の場合では立ち回り方が変わります。

FXを始める際の元手として多い順に10万円、1万円、100万円でのトレード方法をそれぞれ見ていきましょう。

資金 10万円 1万円 100万円
証券会社 海外FX業者 海外FX業者 国内or海外FX業者
ロット数
(通貨数)
0.2ロット
(2万通貨)
0.1ロット
(1万通貨)
1ロット
(10万通貨)
1日に狙う
合計利幅
25pips 50pips 5pips
トレードスタイル デイトレード デイトレード スキャルピング
ポジション
保有時間の目安
15分~1時間 15分~3時間 5分
おすすめの
通貨ペア
ドル円
ポンド円
ゴールド
ゴールド
ポンド円
ドル円
ユーロ円

→右にスクロールできます。

前提として海外の証券会社を利用した方が安定して稼ぎやすいです。

国内の証券会社は最大レバレッジが25倍に制限されていますが、海外では1,000倍程度までレバレッジを活用できます。

レバレッジの力で大きな取引ができるため、狭い値幅でも国内口座よりも高い利益が望めるのが魅力です。

また、海外の証券会社では最大500万円まで資金を2倍にできるボーナスを配布するなど、元手よりも大きな資金でトレードできるため無理なく稼ぎやすいメリットがあります。

資金10万円からFXで1日5000円稼ぐ方法

資金10万円から毎日安定して5,000円を稼ぐのはトレードの手法さえ確立できれば難しすぎることはありません。

もちろん、絶対に毎日稼ぎ続けられる手法は存在しないため負ける時もありますが、勝ちの確度を高めることはできます。

資金10万円からFXで1日5,000円を無理なく稼ぐには以下の表のようなトレードが目安になります。

資金 10万円
証券会社 海外FX業者
ロット数
(通貨数)
0.2ロット
(2万通貨)
1日に狙う
合計利幅
25pips
トレードスタイル デイトレード
ポジション
保有時間の目安
15分~1時間
おすすめの
通貨ペア
ドル円
ポンド円
ゴールド

それぞれの点について詳しく説明した上で、10万円の資金で1日5,000円稼ぐFX手法をチャートで図解します。

FXで稼ぎつづけるには手法だけでなくロットやリスク管理も大切です。

証券会社は海外FX業者が望ましい

前提として証券会社は海外のFX口座を利用した方が目標達成しやすいです。

むしろ国内FX業者ではかなり難しいと考えてください。

海外FX業者と国内FX業者では最大レバレッジ倍率が40倍も違います。

その分だけ同じ利益を稼ぐにも利幅が必要になります。

海外FX業者 国内FX業者
資金 10万円 10万円
最大レバレッジ 1,000倍 25倍
最大取引可能量
(※ドル円125円と仮定)
80万通貨 2万通貨
適正取引量
(※ドル円125円と仮定)
2万通貨
(80万÷40)
500通貨
(2万÷40)
5,000円稼ぐのに
必要な値幅
25pips 1,000pips

表の「国内FXの適正取引量:500通貨」はかなりリスクを抑えた数値ですが、仮にリスクを取って1,000通貨としても500pips、2,000通貨で250pipsの値幅が必要です。

さらにロットを引き上げて1万通貨なら50pipsの値幅で5,000円の利益が達成できますが、最大の許容量に対して高いレバレッジをかけた取引はたまたま成功しても継続するのは難しいです。

一方で海外FXの最大レバレッジは国内FXの40倍。

もちろん最大倍率までレバレッジをかけるとすぐにロスカットされてしまいますが、適正なレバレッジまで取引ロット数を抑えたとしても2万通貨で25pipsの値幅を取れれば5,000円稼ぐことができます。

1日25pipsは決して難しい数字ではありません。

また、海外FXのボーナスを活用すれば10万円の資金を20万円にしてトレードを開始できます。

資金が倍になればリスクをそのままに取引数量も倍にできますね。つまり4万通貨の取引で12.5pipsの値幅だけ取れれば5,000円の利益が達成でき、より簡単に継続しやすくなります。

海外FXのおすすめ人気業者ランキングTOP9【2022年最新比較】

25pipsの利幅を狙うトレード手法

資金10万円で1日5,000円稼ぐには2万通貨で25pipsの値幅をねらいます。
※2万通貨:海外FXで0.2ロット

取引通貨ペアはドル円やポンド円、ゴールドなどどれを選んでも実現可能性は高いです。

中でもドル円はチャート分析通りに値動きしてくれることが多いためトレードしやすいです。

ポンド円やゴールドは値動きが早いため15分などの短期間でトレードを終えることができます。一方でチャート分析通りに動かないこともあり、若干難易度は上がります。

25pipsの値幅は1時間足チャートでライントレードすれば容易に達成できます。

ライントレードとはローソク足の高値と高値、安値と安値を線で結んで、そのラインを根拠にトレードすることです。

FXで1日5000円稼ぐトレード手法ライントレード出典:TradingView「米ドル/円チャート」より

この時、大きな値動きの流れ(トレンド)の向きに合わせてエントリーすることを心がけましょう。トレンドに反してエントリーするとラインをブレイクして大きな損失に繋がる可能性が高くなります。

無事ラインでエントリーできたら欲を出さずに25pipsで利確しましょう。

ライントレードの詳しいやり方は以下のページで図解しています。

FXはライントレードだけで勝てる 線の引き方や手法を図解

資金1万円からFXで1日5000円稼ぐ方法

資金1万円から安定して1日5,000円稼ぐのはかなり難しいですが、もう少し目標を落として着実に資金を増やし10万円を作ることはできます。

資金10万円まで到達すれば安定して1日5,000円稼ぐのも難しくなくなるので、まずは着実に資金を増やすことに専念しましょう。

とは言え、資金1万円で5,000円を稼ぐのは不可能ではないのでその方法をお伝えしていきます。

資金 1万円
証券会社 海外FX業者
ロット数
(通貨数)
0.1ロット
(1万通貨)
1日に狙う
合計利幅
50pips
トレードスタイル デイトレード
ポジション
保有時間の目安
15分~3時間
おすすめの
通貨ペア
ゴールド
ポンド円

証券会社は海外FX業者でないと不可能

まずFXで1万円から1日5,000円稼ぐのは海外FX業者の高いレバレッジが絶対条件です。

仮に国内FX業者のレバレッジ25倍で限度ぎりぎりの1,000通貨のポジションを持ったとしても5,000円稼ぐには500pipsの値幅必要です。

1日に500pips動く通貨ペアはなく、仮に運よく500pips動いたとしてその初動からエントリーして終わりまでポジションを持ち続けられる度胸がないと難しいでしょう。

海外FXのおすすめ人気業者ランキングTOP9【2022年最新比較】

50pipsの利幅を狙うトレード手法

FXで資金1万円から1日で5,000円稼ぐには、1万通貨で50pipsの値幅を狙いましょう。

50pipsの値幅を15分~1時間ほどで狙うには値動きの激しいポンド円やゴールドを取引します。

取引銘柄が変わるからと言って手法に大きな変化は必要ありません。

高値と高値・安値と安値を結ぶチャネルラインや水平線を引いて、ラインを根拠にエントリーや利確をします。

50pipsの広めの値幅を狙うのでチャートは1時間足チャートを基準にトレードしましょう。

東京市場が開く前後の8~11時、NY市場が開く前後の22~2時は値動きがより一層激しくなるので15分足チャートでも50pipsの値幅を狙いやすいです。

特にチャートパターン形成後のライントレードは短期で広い値幅を取りやすいので意識して狙ってみましょう。

ライントレードとチャートパターンの組み合わせ手法は以下ページで解説しています。

FXはライントレードだけで勝てる 線の引き方や手法を図解

資金100万円からFXで1日5000円稼ぐ方法

FXで資金100万円あれば余裕を持って1日5,000円稼ぐことができます。

しかも必要な利幅は5~10pipsと狭く、1日のトレード時間は数分だけでOKです。

資金 100万円
証券会社 国内or海外FX業者
ロット数
(通貨数)
海外FX:1ロット
(10万通貨)
国内FX:5ロット
(5万通貨)
1日に狙う
合計利幅
海外FX:5pips
国内FX:10pips
トレードスタイル スキャルピング
ポジション
保有時間の目安
5分
おすすめの
通貨ペア
ドル円
ユーロ円

証券会社は国内or海外FX業者どちらでも可

資金が100万円あれば証券会社は国内でも海外でもどちらでも達成可能です。

ただ、海外FXのボーナス制度を活用すれば入金額と同額の取引ボーナスがもらえて、資金を200万円に増やすことができます。

資金が2倍になれば取引ロット数も倍にできるので、半分の利幅で5,000円を稼ぐか、1日10,000円稼ぐ目標を立てることも可能です。

海外FXボーナス 最新キャンペーン23社を比較【2022年】

5~10pipsの利幅を狙うトレード手法

資金100万円からFXで1日5,000円を稼ぐには、海外FXなら10万通貨で5pips、国内FXなら5万通貨で10pipsを狙います。

狙う利幅が狭いので長くポジションを保有する必要はなく、数分で取引を完了できるスキャルピングトレードがぴったりです。

FXのスキャルピング手法や成功のコツは以下のページに詳しくまとめています。

スキャルピングとは経験や知識がなくても稼ぎやすい手法

FXで1日5,000円を継続して稼ぐコツ

1度だけでなく継続してFXで毎日5,000円を稼ぐには「すること」と「しないこと」を決めて、ルールを守ることが大切です。

【すること】
・絶好のチャンスまで待つ
・ぎりぎりまで引き付ける
・あらかじめ決めたロットを守る
・あらかじめ損切ラインを決める
・資金を増やす
・相場の基本を学ぶ

【しないこと】
・焦って利益を伸ばそうとしない
・無理に毎日稼ごうとしない
・方向感が分からない時はトレードしない
・細かな値動きに一喜一憂しない

絶好のチャンスまで待つ

FXの勝率を高めて継続して勝ち続けるには、絶好のチャンスまで待つ忍耐が必要です。

実はFXはチャンスが来るまで待っている時間が大半を締めます。

トレードがしたい時にチャートを開いて「買い」か「売り」か二択のギャンブルをしていては継続して稼ぐことはできません。

チャートから値動きの流れを読み取り、次の絶好のエントリーチャンスに到達するまでじっと待ちましょう。

ぎりぎりまで引き付ける

次のエントリーチャンスを見極めたら、その価格に到達するぎりぎりまで引き付けましょう。

利幅を極限まで広くできる上、仮に予想とは反対に値動きしても損失を限りなく小さくできます。

チャネルラインや水平線をエントリーの根拠としているなら、そのライン上に価格が到達するまでエントリーしないのが理想です。

あらかじめ決めたロットを守る

取引ロット数は資金の桁が1つ増えるまで固定でトレードし続けましょう。

人にはそれぞれ感情を揺さぶられる金額があり、それは慣れによって決まるものです。

例えば、1万通貨の場合1pipsで100円の損益が増減します。この値動きなら冷静にトレードできる方も多いでしょう。

しかし10万通貨の取引で1pips1,000円の損益が増減するのを目の当たりにした途端、突然感情で利確・損切りをするようになるのはよくあることです。

結果的に早すぎる利確と遅すぎる損切りでいわゆる「コツコツドカン」のトレードをしてしまうことも少なくありません。

自分が許容できる損益の増減スピードはトレードのレベルや資産額、慣れによって定着するものです。

なのでトレード毎にロットを変えずに一定の金額まで到達したら増やすなど計画性を持って調節しましょう。

あらかじめ損切りラインを決める

損切りラインはエントリーの前に決めておきましょう。

エントリーする前にはあらかじめチャートの分析と次のトレードチャンスの目星はついているはず。

ということはエントリーした後の損切りラインの目安もあるはずです。

理想を言えば、エントリーと同時に損切りのストップロス注文を設定しておくのが望ましいです。

ポジションを持ってから感情的にずるずると損切りラインを遠ざけてしまわぬよう、機械的に損切りされるように注文しておきましょう。

ストップロスやテイクプロフィットなど事前に決済注文を設定する方法は下記ページで解説しています。

テイクプロフィットとは?FXの予約注文で利益を伸ばすコツ

相場の基本を学ぶ

FXは相場の基本的なことが分かっていれば少なからず安定して稼げるようになっています。

相場の基本とは、主に大きな値動きの流れの読み取り方や流れに逆らわないエントリーのタイミング。

この2つを理解するには「ダウ理論」と「グランビルの法則」と呼ばれる2つの相場の原則を知っておくことです。

FXを始めたての方には少し難しいかもしれませんが、この2つを理解しているだけで大きな失敗はせずにやがて稼げるトレーダーになるはずです。

FXのダウ理論とは100年以上支持される相場の6つの法則

FXのグランビルの法則 移動平均線を使った売買サイン8つ

資金を増やす

資金の大きさはFXの稼ぎやすさに直結します。

もしも余剰資金で追加できるお金があるのなら追加していくとより稼ぎやすくなります。

余剰資金がない場合は海外FX業者の入金ボーナスを活用することで資金を2倍にすることもできます。

資金が2倍になれば取引できるロット数も2倍になり、狙う値幅は半分で済むようになります。

豪華ボーナスで人気の海外FX業者は下記のページに最新情報をまとめています。

海外FXボーナス 最新キャンペーン23社を比較【2022年】

次からはFXで安定して1日5,000円稼ぐために「しないこと」を見ていきましょう。

焦って利益を伸ばそうとしない

何らかの理由で焦っていつもよりも稼ごうとすると返って失敗する可能性が高いため毎日一定で5,000円の利益を目指しましょう。

FXトレーダーは前日の利益が5,000円に到達していなかったり、前回のトレードが損切りで終わっていると遅れを取り戻そうとして無茶に稼ごうする傾向があります。

本来であれば5,000円稼げたところを、まだ伸びると思って保有し続けた結果いつの間にか含み損に……。

これもよくある話しです。

まずは安定して5,000円を稼げるようになることを目指し、5,000円稼げたらその日はトレードを終えるぐらいの気持ちでいましょう。

反対に1日3回損切りに終わったらその日はトレードを休むというルールも有効です。日によって相場の流れや特徴は変わりますから、今日は自分に合わない相場だったんだと割り切る余裕が大切です。

無理に毎日稼ごうとしない

FXは毎日絶対に稼ごうという心持ちでいると失敗しやすいです。

なぜなら、前述の通りFXはトレードのチャンスを待つ時間が大半だからです。

1日の間全くチャンスが来ないこともあり得ます。

今日はまだ5,000円稼げていないからと難しいタイミングでトレードした結果惨敗というのはよくある話し。

チャンスが来なければその日は休む選択も大切です。

方向感が分からない時はトレードしない

トレードチャンスが分からない時は分かる相場になるまで待つのも重要です。

分からない相場でトレードするのはギャンブルと同じ。

FXをしていない人から見れば上がるか下がるかの二択のギャンブルかもしれませんが、その50:50をいかに自分の分析で60:40や70:30に傾けてから取引できるかがトレーダーのつとめです。

50:50の状態のままであれば、どちらかの優位性が見えるまでは待ちましょう。

細かな値動きに一喜一憂しない

初めのうちはローソク足の細かな値動きを見ない方が得策です。

まだ確定していないローソク足の上がり下がりに感情が動かされ、ルールに基づいた判断ができなくなります。

特に1分足や5分足チャートは一切見ずに1時間足や4時間足チャートを根拠にトレードするのがおすすめです。

FXの効果的な勉強方法

FXで安定して稼げるようになるためには知識だけでなく経験も必要です。

以下の3つのうち、どれか1つ学習教材を決めたら入金しなくてももらえるボーナスを活用したトレードで相場経験を積んでいきましょう。

  1. 書籍や雑誌を読む
  2. 凄腕トレーダーのブログやSNSを見る
  3. 証券会社の学習コンテンツから学ぶ

書籍や雑誌を読む

書籍や雑誌からは基礎的なFXの知識が得られます。

前提知識がなにもない方はFXの入門書を一冊読んでおくと良いかもしれません。

イラストやグラフを用いて解説してくれている書籍が多いため理解しやすいです。

凄腕トレーダーのブログやSNSを見る

基礎だけでなく今より勝率や利幅を上げるには、自分と同じ通貨ペアや銘柄をトレードしているトレーダーの発信情報を参考にしましょう。

ただ、いくらまで上がる、下がると言った情報を見てしまうと無意識にその情報を意識してトレードしていまうことも。

自分のトレードルールに反する取引をすることにも繋がるのでそういった情報は頭に入れないようにしましょう。

相場で使えるチャート分析手法は当サイトの下記ページにもまとめています。

テクニカル分析カテゴリー

証券会社の学習コンテンツから学ぶ

証券会社自らが学習コンテンツを発信している業者もあります。

例えば海外FX業者で日本人から圧倒的な支持を受けているXMTradingでは、月6回ほど違うテーマでウェブセミナーを開催しています。

自分の使っている証券会社の学習コンテンツなら同じ環境での取引を前提としたコンテンツが多いでしょう。

証券会社のコンテンツは自分が使っているところのものを参考にしましょう。

口座開設ボーナスでトレードしてみる

FXの基本的な知識がついたらとにかくトレードして実践で経験を積むのが上達の近道です。

この際、デモトレードはおすすめしません。

デモトレードは新規注文や決済の仕方を知るには良いですが、トレードスキルを磨くならリアルトレードが一番。

本物のお金が利益や損失によって増減するため、FXトレーダーの最大の敵である己の感情と向き合うことができるからです。

リアルマネーだからこそ自分はこういう場面でこういう感情を持ってこういう判断をしてしまうんだという傾向も知れます。

いきなり自己資金でトレードするのは気が引けるという方も無料の口座開設をするだけで受け取れる口座開設ボーナスを使えば未入金でもトレード可能。

取引量などの条件なく本当に口座開設だけでもらえるのは海外の証券会社のみです。

時期によって頻繁に内容が変わる海外FXの口座開設ボーナスキャンペーンについては、以下のページに最新情報をまとめています。

海外FXの口座開設ボーナス28社一覧【2022年最新】

提供する情報に関する注意点

本サイトで提供する情報には細心の注意を払っておりますが、情報の正確性その他一切を保証するものではありません。あくまでも情報提供を目的としており特定のFX会社に勧誘をするものではなく、本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は責任を負いません。また、当サイトは日本居住者を対象としたものではありません。

コメント

まだコメントがありません。

コメントする

File name:

ファイルサイズ:

まだファイルがありません。

利用規約を厳守の上、ご投稿ください。