為替介入のリスクを回避しつつ、短期間で利益を狙うには?

バイナリーオプションは”やめとけ”の真実 ※後悔する前に

たった一度「上昇」か「下落」の二択の予想を当てるだけで資金を2倍近くまで増やせるバイナリーオプション。

仮に3回連続で予想が当たれば元の資金の約8倍にもお金が増え、まさに倍々ゲームそのものです。

高いリターンの反面ギャンブル的要素が強く、着実に資産を増やす投資方法ではありません。

そのリスクの高さからバイナリーオプションはやめとけという声も。

ただ、バイナリーオプションで本当に怖いのは、投資リスクの高さよりも詐欺や悪徳業者での出金トラブルでした。

バイナリーオプションは

バイナリーオプションはやめとけと言われる理由

リスクの度合いこそ違えど、投資にリスクはつきものです。

にも関わらず、バイナリーオプションにおいてはやめとけとの声が強く見られるのはなぜでしょうか?

その理由はバイナリーオプションには単に投資としての損失リスクだけでなく、詐欺や出金拒否など投資金額以上の損をする可能性があるからです。

それぞれ実例とともに「バイナリーオプションはやめとけ」と言われる理由を3つ見ていきましょう。

  1. ハイリスクな投資方法だから
  2. 詐欺業者や詐欺ツールが存在するから
  3. 出金拒否のトラブルがあり得るから

ハイリスクな投資方法だから

何と言ってもバイナリーオプションにリスクの高さはつきものです。

リスク管理や資金管理が徹底できていないうちにバイナリーオプションに手を出し、大きく資金を失う人も少なくありません。
バイナリーオプションと類似した投資方法を比較バイナリーオプションの性質を理解しないままリターンだけに目がいき、リスクを取りすぎてしまうような方には確かに「やめとけ」と言わざるを得ないかもしれません。

詐欺業者や詐欺ツールが存在するから

バイナリーオプションでは投資金以外にも詐欺でお金を失う方が一定数います。

金融庁からもこういったバイナリーオプションに関連するトラブルに関して注意喚起が出されている現状です。

大学生など20歳代を中心に、友人やSNSを通じて知り合った相手から、「必ず儲かる」などと勧められ、バイナリーオプション取引の投資分析ツールの入ったUSBメモリなど、高額な情報商材を購入した後に、海外無登録業者との取引に誘導され、取引を始めたが、「多額の損失が発生した」「業者と連絡が取れない」「解約できない」などのトラブルが急増しています。

引用元:金融庁「バイナリーオプション取引にあたってご注意ください!」より

まず有料のツールなどを買わないこと、そして詐欺業者や怪しい業者は利用しないよう注意深く判断できることが大切です。

出金拒否のトラブルがあり得るから

バイナリーオプションの取引業者では出金トラブルも報告されています。

特に利益還元率の高さを謳っている海外業者で発生しており、業者選びにも慎重さが求められます。

海外の業者を利用する時は口コミや評判を確認し実績の豊富なところを利用する。

もしくはそもそも海外業者を避けて国内業者だけを利用することで出金トラブルのリスクは軽減できます。

バイナリーオプションが向いている人の特徴

バイナリーオプションはやめとけと言う意見がある一方で、中には月に100万円稼ぐ人もいます。

ではどんな人ならバイナリーオプションに挑戦してうまくいきそうか。

バイナリーオプションの特性をもとに向いている人の特徴を見ていきましょう。

  • リスク管理が徹底できる人
  • 詐欺や悪徳業者を見極められる人
  • テクニカル分析が得意な人

リスク管理が徹底できる人

バイナリーオプションは高いリターンが狙える分、投資した金額が0になるリスクも十分にあります。

このため、一度に大きな金額を投資せず、資金の一部を少しずつ投資していくリスク管理が必要です。

どうしてもバイナリーオプションで得られる利益金額の大きさにつられ、いきなり全力でお金を投じてしまう方もいます。

1回の取引にすべてを賭ける行為は文字通りギャンブルであり投資ではありません。

投資はリスクを考慮しながらお金を増やしていくことです。

リスクとリターンの両方の可能性を考えて取引できるようになるには、ある程度トレードや投資経験が必要です。

初心者の方は株やFXでまず経験を積んだ方がバイナリーオプションでも勝てるようになるかもしれません。

テクニカル分析が得意な人

バイナリーオプションは上昇か下落の二択を選んで投資するものです。

このため、勝率は50%!と考えられがちですが、分析次第で勝率を高めることができます。

勝率が50%以上になれば、仮に1取引あたりの利益と損失の金額が同じ場合は取引回数を重ねるほどトータルの利益が増えていく計算になります。

バイナリーオプションに使える分析とはチャートの形状をもとにその後の値動きを予測できるテクニカル分析が有効です。

チャート上に線を引いたり、グラフを表示させるなど株やFXなどのトレードでも重視されている分析手法になります。

こちらも比較的リスクの低いFXや株などのトレードでまずは練習するの有効です。

初めはシンプルかつ有効性の高いライントレードができるようになると、十分勝てるようになりますよ。

詐欺や悪徳業者を見極められる人

トレード以外の面で損をしないようにするには、詐欺や悪徳業者を見極められる目が必要です。

例えば大学生の間で増えているバイナリーオプション用の分析ツールが入ったUSBメモリは、友達をターゲットとして勧誘することでお金を得ている人がほとんどです。

信用している友達でもマルチ商法や詐欺業者への勧誘に加担している可能性も。

誰からの誘いでも自分自身で情報の真偽を判断できるように知識をつけることが大切です。

バイナリーオプションと類似した投資方法を比較

バイナリーオプションと同様の高いリターンを狙える投資方法は他にもあります。

それぞれにメリット・デメリットが存在するため簡単に以下の表にまとめました。

投資方法 バイナリーオプション 海外FX 仮想通貨FX
メリット ・操作するのは注文を出す時だけなので
分かりやすい
・予想が当たった場合
1取引の利益率が高い
・1日何回でも取引できる
・スキル次第で1取引の利益を
どこまでも伸ばせる
・1,000倍以上のレバレッジで
少額からでも大きく利益を狙える
・決済タイミングを自由に調節できる
・1日何回でも取引できる
・スキル次第で1取引の利益を
どこまでも伸ばせる
・最大1,000倍のレバレッジで
少額からでも大きく利益を狙える
・決済タイミングを自由に調節できる
デメリット ・1日の取引上限回数が決まっている
・決済タイミングが
自分で決められない
・予想が外れた場合
投資したお金の全額を失う
・新規注文から決済まで
自分で判断が必要
・新規注文から決済まで
自分で判断が必要
取引方法 期限が来たら自動決済 好きなタイミングで売買 好きなタイミングで売買
取引対象 為替相場や株価指数 為替相場や株価指数など 仮想通貨
損益 1取引ごとの
最大利益・損失は固定
利益・損失は
決済タイミング次第で変動
利益・損失は
決済タイミング次第で変動

人によってはバイナリーオプションよりも他の投資やトレード方法を選んだ方がうまくいくかもしれません。

比較対象とした海外FXや仮想通貨FXについてもう少し詳しく見ていきましょう。

海外証券会社でのハイレバFX

海外に拠点を置くFX会社は日本国内の金融法の規制を受けないため、高いレバレッジでのトレード環境を提供できます。

1,000倍以上レバレッジがかけられる業者も多く、高いリターンが狙えるため口座開設数が右肩上がりで伸びています。

さらに、国内FX会社が提供できない海外FX特有のゼロカットシステムにより、借金や追証のリスクを排除できるのがポイントです。

仮に予想に反して値動きした場合でも口座に入金したお金が最大損失金額のため、少額ずつに分けてトレードすれば大きく負ける心配もありません。

バイナリーオプションよりも自由度が高く、0か100かのようなギャンブル性が高い取引を回避できるためトレードで利益を稼ぎたい方には海外FXがおすすめです。

特に日本人の海外FX利用者の約半数が利用していると言われる人気No.1業者のXMTradingでは、5万円の入金で資金が10万円に増額されるXMボーナスキャンペーンもあるためお得に利益を狙えます。

▶XMのホームページを見る

仮想通貨FX

仮想通貨FXは為替や株価指数とは異なり、仮想通貨に特化したFXトレードです。

現物保有の長期投資ではなく、レバレッジを効かせて売買トレードで差益を稼ぐ方法です。

仮想通貨は値動きが激しく短期間で価格が変動しやすいため、売買差益を大きく狙いやすい特徴があります。

仮想通貨FXでは最大レバレッジ1,000倍でスプレッド(手数料)の安さが業界No.1のFXGTが1番人気の業者です。

FXGTにも最大7万円の入金まで同額のボーナスが付き、資金が2倍になるFXGTボーナスがあるため是非活用してください。

▶FXGTのホームページを見る

バイナリーオプションとは?

そもそもバイナリーオプションというものをいまいち理解できていない方もいるでしょう。

バイナリーオプションとは「バイナリー(=二択の)」「オプション(=選択肢)」の意味で、一定期間が経った後にAかBどちらの状態に価格があるかを選ぶシンプルな投資方法であることを表しています。

と言ってもなぜ二択を選ぶだけで利益が稼げるのか、実際に利益を獲得するまでの流れはどうなっているのかイメージしづらいでしょう。

順を追って図解していきます。

バイナリーオプションの仕組み

バイナリーオプションは為替や株価指数そのものを売買するのではなく、一定の条件下で行使できる「権利」を取引する仕組みです。

少し難しい話になりますので身近な別の例に当てはめてイメージしてみましょう。

例えば、あなたが高校球児だとします。

学校の後夜祭で「今度の試合でホームランを打ったら、僕と付き合ってください」と好きだったあの子にプロポーズ。
女子生徒が承諾した時点でバイナリーオプションにおける「権利」の取引が成立します。
※実際にはバイナリーオプションで取引が成立しないことはないため、プロポーズした時点で自動的に条件を飲んでもらえることになります。

プロポーズの時、あなたは全校生徒の前で恥ずかしい思いをしながらプロポーズをしています。
これがバイナリーオプションにおけるオプション料にあたるもので権利を取引する際に必ず支払うコストです。

ただし支払ったコストの代わりに「今度の試合でホームランを打つ」という条件を満たせば「彼女と付き合う」という利益が得られます。

仮にホームランが打てなかった場合、恥というコストだけを支払って利益は得られません。

このホームランを打つか打たないかのような条件を事前に設定するのが、一定期間後の価格の状態を宣言する行為にあたります。

【まとめ】
オプション料:全校集会でプロポーズという恥ずかしさ
期限:今度の試合で
条件:ホームランを打ったら
利益:付き合う
損失:オプション料としての恥ずかしさのみ

これを実際のバイナリーオプションのケースに当てはめてみましょう。

【実例】
オプション料:500円
期限:2時間後
条件:ドル円が140.50円より上
ペイアウト:1,000円
利益:500円
損失:500円

この場合、今から2時間後にドル円価格が140.50円より0.01円でも高ければペイアウトの1,000円を受け取ることができ、オプション料を差し引いた500円が利益として残ります。

仮に140.50円より0.01円も低ければオプション料の500円分が損失となります。

バイナリーオプションの種類

バイナリーオプションでは一般的に目標価格よりも上か下かの二択を選ぶ方式が知られています。

実はこの他にも条件の設定方法が異なるものがあります。

ここでは全部で3種類の取引方式の特徴や稼ぎやすさについて見ていきましょう。

  1. ラダーオプション
  2. レンジオプション
  3. ワンタッチオプション

ラダーオプション

ラダーオプションが一般的なバイナリーオプションの取引方式です。

一定期間後(判定時刻)の価格が目標とする為替レートより高いか低いかを予想します。

現在価格と目標価格が離れているオプションを購入するほど、購入時に支払うオプション価格は安くなります。

一方でどの目標価格を選んでもペイアウト金額は一定なので、オプション料を安く抑えるほど利益率は上がります。

例えば下の画面をご覧ください。
バイナリーオプション(ラダーオプション)の取引画面

予想が当たった場合に一口1,000円のペイアウトがもらえるオプションを10口購入すると、ペイアウト金額は10,000円です。

購入単価を見ると140.76円よりもロー(下)または141.71よりもハイ(上)になると予想する場合のオプション料が130円で最も安くなっています。

どちらかを10口分購入する場合、オプション料合計は130円×10口で1,300円になります。

仮にこの取引が的中した場合、コスト1,300円に対してペイアウトが10,000円なので投資金は約8倍になります。

ラダーオプションは一方向に値動きが続いていくトレンド相場の際に予想しやすい取引方式です。

レンジオプション

レンジオプションは一定時間経過後の価格が〇円~〇円の間に収まるか否かを予想する取引方式です。
バイナリーオプション(レンジオプション)の取引画面

設定する価格帯が狭いほどオプション料金は安くなります。ペイアウト金額は設定する金額に関わらず一定のため、設定値幅を狭くするほど利益率は高くなります。

レンジオプションはレンジ相場のときに予想しやすい取引方式になります。

ワンタッチオプション

ワンタッチオプションは一定時間後までに目標とする価格に一度でも到達するか否かを予想する取引方式です。

例えば、現在のドル円価格が140.00円だとして、一度でも140.50円にタッチするか否かを選びます。

ワンタッチオプションは急激な値動きが続いている相場で予想しやすい取引方式です。

自分に合った投資方法を選ぼう

この記事ではバイナリーオプションはやめとけと言われる理由やその背景となるトラブルなどをご紹介しました。

バイナリーオプションは高いリターンの反面、高いリスクや詐欺、出金トラブルに合う可能性が高い投資方法です。

高いリターンを狙えるトレードには他にも海外FXや仮想通貨FXなどがあります。

投資方法 バイナリーオプション 海外FX 仮想通貨FX
代表的なサービス IG証券 XMTrading FXGT
メリット ・操作するのは注文を出す時だけなので
分かりやすい
・予想が当たった場合
1取引の利益率が高い
・1日何回でも取引できる
・スキル次第で1取引の利益を
どこまでも伸ばせる
・1,000倍以上のレバレッジで
少額からでも大きく利益を狙える
・決済タイミングを自由に調節できる
・1日何回でも取引できる
・スキル次第で1取引の利益を
どこまでも伸ばせる
・最大1,000倍のレバレッジで
少額からでも大きく利益を狙える
・決済タイミングを自由に調節できる
デメリット ・1日の取引上限回数が決まっている
・決済タイミングが
自分で決められない
・予想が外れた場合
投資したお金の全額を失う
・新規注文から決済まで
自分で判断が必要
・新規注文から決済まで
自分で判断が必要
取引方法 期限が来たら自動決済 好きなタイミングで売買 好きなタイミングで売買
取引対象 為替相場や株価指数 為替相場や株価指数など 仮想通貨
損益 1取引ごとの
最大利益・損失は固定
利益・損失は
決済タイミング次第で変動
利益・損失は
決済タイミング次第で変動

自分のトレードレベルや経験、リスク許容度などによって合いそうな投資方法を選んでみてください。

FXに関してより詳しくメリットやリスクについて知りたい方は以下のページも参考にしてみてください。

いま海外FXを選ぶ人が増えているワケ

提供する情報に関する注意点

本サイトで提供する情報には細心の注意を払っておりますが、情報の正確性その他一切を保証するものではありません。あくまでも情報提供を目的としており特定のFX会社に勧誘をするものではなく、本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は責任を負いません。また、当サイトは日本居住者を対象としたものではありません。

コメント

まだコメントがありません。

コメントする

File name:

ファイルサイズ:

まだファイルがありません。

利用規約を厳守の上、ご投稿ください。