為替介入のリスクを回避しつつ、短期間で利益を狙うには?

XMの口座タイプ3種比較 おすすめはスタンダード口座

海外FXトレーダーの半数以上が利用しているXMTradingには3種類の口座タイプがあります。

それぞれ最大レバレッジやスプレッド(取引コスト)、取引の最小金額、ボーナス金額など様々な違いがあります。

その中で一番のおすすめ口座タイプがスタンダード口座です。

XMの高いレバレッジや豪華ボーナスなど海外FXならではの魅力を存分に活かせる口座で、利用者数も断トツの1位です。

スタンダード口座の他、トレードスタイルによってはもっと使いやすい口座もあるのでそれぞれの特徴を比較しつつおすすめ口座タイプを見ていきましょう。

※まだXMで口座開設していない方はXMの口座開設方法を参考にしてみてください。見ながら手続きを進めれば迷わず口座開設でき、無料で3,000円分のトレード資金をゲットできます。

\口座開設で3,000円の資金プレゼント!/

▶XMTradingで口座開設(無料)

※2022年6月よりXMの最大レバレッジが888倍から1,000倍に引き上げられました。

関連記事:XMの評判 業界No.1業者を使う前に知っておきたい4つのこと

XMの口座タイプ3種比較 おすすめはスタンダード口座

XMの口座タイプ3種類を比較

口座タイプ スタンダード口座 マイクロ口座 ゼロ口座
人気順 1位 3位 2位
ボーナス 最大55万円 最大55万円 なし
最大レバレッジ 1,000倍 1,000倍 500倍
スプレッド
(ドル円)
1.6pips~ 1.6pips~ 0pip~
取引手数料
(1lotあたり往復)
0 0 約1.0pips
取引コスト
(1lotあたり往復)
1.6pips~ 1.6pips~ 約1.0pips~
最小注文数 1,000通貨 10通貨 1,000通貨
最低入金額 500円 500円 500円

※取引コスト:スプレッド+取引手数料

スタンダード口座の特徴

スタンダード口座は、XMのベーシックな口座タイプです。

・最大レバレッジ 1,000倍
・1ロット 100,000通貨
・最小ロット数 0.01ロット
・最大ロット数 50ロット
・ドル円平均スプレッド 1.0pips〜
・手数料 なし
・口座開設ボーナス あり
・入金ボーナス あり

いずれの項目も標準的な設定になっており、XMの口座の中で最も使いやすい口座と言えるでしょう。

FXのほか貴金属や仮想通貨等の各種CFD取引にも対応しており、様々なトレーダーのニーズをカバーする仕様です。

最大1,000倍のレバレッジに加え、XMの大きな魅力であるボーナスプログラムも充実しています。

新規口座開設ボーナスや入金ボーナスを使えば、資金効率よく利益を稼ぐことができます。

ゼロ口座の特徴

ゼロ口座の最大の特徴は、取引コストの安さです。

・最大レバレッジ 500倍
・1ロット 100,000通貨
・最小ロット数 0.01ロット
・最大ロット数 50ロット
・ドル円平均スプレッド 0.1pips
・手数料 1ロット片道5ドル、往復10ドル
・口座開設ボーナス あり
・入金ボーナス なし

ゼロ口座のドル円平均スプレッドは0.1pipsです。

1ロット片道5ドルの手数料を考慮しても、他の口座より安い取引コストでトレードすることができます。

レバレッジが最大500倍、適用ボーナスが少なく、CFD取引銘柄がGold(金)とSilver(銀)に限られる等、他の口座に比べ見劣る点もあります。

しかし特典や利便性よりも、取引コストを抑えることに特化しているのがゼロ口座で特にスキャルピングトレーダーに重宝されています。

マイクロ口座の特徴

マイクロ口座は、1ロットの通貨単位が小さいのが特徴です。

・最大レバレッジ 1,000倍
・1ロット 1,000通貨
・最小ロット数 0.01ロット
・最大ロット数 100ロット
・ドル円平均スプレッド 1.0pips〜
・手数料 なし
・口座開設ボーナス あり
・入金ボーナス あり

スタンダード口座やゼロ口座の通貨単位が1ロット100,000通貨であるのに対し、マイクロ口座は1ロット1,000通貨です。

通貨量が少ないことは、すなわち価格の変動幅を抑え損失を小さくできることを意味します。

【例】
1ロット100,000通貨で1pips変動→損益は1,000円変動
1ロット1,000通貨で1pips変動→損益は10円変動

スプレッドやレバレッジ倍率、ボーナス内容等の基本的な仕様はスタンダード口座とほぼ同じです。

CFD取引も、XMで取り扱うすべての銘柄をトレードできます。

XMの機能や特典を維持しつつ、リスク管理を重視した取引ができるのがマイクロ口座のメリットです。

\口座開設で3,000円の資金プレゼント!/

▶XMTradingで口座開設(無料)

XMの各口座タイプがおすすめな人の特徴

XMの口座タイプはどれも魅力的ですが、それぞれ以下のような方におすすめです。

  • 迷ったらスタンダード口座
  • スキャルピングならゼロ口座
  • トレードの練習をしたいならマイクロ口座

その理由を詳しく見ていきましょう。

迷ったらスタンダード口座

口座タイプに迷ったときは、スタンダード口座を選びましょう。

スタンダード口座はXMの基本的な機能や特典を網羅しており、ハイレバレッジトレードや各種ボーナスの獲得も可能です。

新規口座開設時にもらえる3,000円相当額のボーナスを利用すれば、入金0円でFXトレードを始められます。

またスタンダード口座で1ロット100,000通貨のトレードに慣れておけば、将来的に取引コストの安いゼロ口座に変更するときもスムーズに乗り換えることができます。

FX初心者やXMを初めて使うトレーダーは、まずスタンダード口座で経験を積んでおくと良いでしょう。

スキャルピングならゼロ口座

スキャルピングトレードをするならゼロ口座を選びましょう。

ゼロ口座の特徴は、取引コストの安さです。

スキャルピングのように短期間に売買を複数回繰り返すトレードでは、コストが取引成果に大きく影響します。

ゼロ口座では1ロット片道5ドルの手数料がかかりますが、スプレッドが0.0pips〜と狭いため、トータルの手数料は他の口座より安く抑えることができます。

レバレッジやボーナスは制限されますが、取引コストにこだわるスキャルピングトレーダーや中上級者にはゼロ口座がおすすめです。

トレードの練習をしたいならマイクロ口座

トレードの練習をするなら、マイクロ口座を選びましょう。

マイクロ口座の特徴は1ロットの通貨単位が1,000通貨と、他の口座より通貨量が少ないことです。

1ロットあたりの通貨量が少ないことで変動幅が抑えられ、損失リスクの縮小につながります。

変動幅が小さいぶん大きな利益を狙うことはできませんが、基本仕様はスタンダード口座とほぼ同じなので、最大1,000倍のレバレッジや各種ボーナスプログラムも利用可能です。

リスクを最小限に抑えながらリアル口座で練習を重ねるには、マイクロ口座が適してます。

ローリスク・ローリターンでこつこつ利益を重ねたいトレーダーにもおすすめです。

XMで口座タイプを選ぶ際の注意点

XMで口座タイプを選ぶ際に注意しないとボーナスが受け取れなかったり、トレード中に不明点に直面することがあります。

そこでトラブルとしてよくある注意点をまとめたので、取引開始前に確認しておきましょう。

  • ゼロ口座は入金ボーナスなし
  • 仮想通貨はスタンダード・マイクロ口座のみ
  • 口座タイプごとに銘柄のシンボルが異なる
  • 放置すると口座維持手数料がかかる
  • 口座タイプは後から変更できない
  • ゼロ口座に資金移動するとボーナス消滅
  • ゼロ口座はCFD取引対象外

ゼロ口座は入金ボーナスなし

ゼロ口座では、新規口座開設ボーナス以外のボーナスをもらうことができません。

ゼロ口座はボーナスやレバレッジで制限がある代わりに、他の口座より取引コストを抑えられるのが最大のメリットです。

XMの魅力のひとつであるボーナスプログラムを存分に活用するなら、スタンダード口座かマイクロ口座を利用しましょう。

仮想通貨はスタンダード・マイクロ口座のみ

スタンダード口座とマイクロ口座に限り、仮想通貨トレードができます。

XMでは2019年12月に提供を終了した仮想通貨CFDを2022年5月より再開しました。

仮想通貨CFDはスタンダード口座とマイクロ口座の2タイプで対応しており、ゼロ口座は対応していません。

仮想通貨トレードに興味があるトレーダーは、スタンダード口座またはマイクロ口座を開設しましょう。

口座タイプごとに銘柄のシンボルが異なる

口座タイプごとにシンボル表記が異なります。

シンボルとは、MT4やMT5等のツール上に表示される通貨ペアの表示形式のことです。

XMでは取引したいシンボルを選択して、チャートを見たり注文を出したりします。

しかし口座タイプに合ったシンボル表記を選択しないと、チャートが開けず取引ができないので注意が必要です。

口座タイプの違いによって、シンボルは以下のように表記されます。

【例】ドル円のシンボル表記
・スタンダード口座:USDJPY
・マイクロ口座:USDJPYmicro(末尾にmicro)
・ゼロ口座:USDJPY.(末尾にドットマーク)

口座タイプとシンボル表記の不一致によって、取引ができないというトラブルが発生しています。

例えば、スタンダード口座でマイクロ口座のシンボル「USDJPYmicro」を選ぼうとしても、シンボル名は灰色で表示されチャートを開くことはできません。

取引の際は、口座タイプとシンボル表記が合っているか確認しましょう。

放置すると口座維持手数料がかかる

XMの口座は90日以上ログイン・トレードをしないと口座維持手数料がかかります。

90日以上放置された口座は「休眠口座」と判断され、毎月5ドルの口座維持手数料が必要となるので注意しましょう。

口座維持手数料は、口座残高が0になるまで毎月5ドルずつ引き落とされます。

残高が0円になってから90日後には「凍結口座」となり、ログインができなくなります。

XMで長期間トレードする予定がない場合は、口座の資金を銀行口座に出金しておきましょう。

口座タイプは後から変更できない

XMの口座は、開設後に口座タイプの変更ができません。

口座開設後に違うタイプの口座を利用したくなった場合は、新しい口座を追加開設することができます。

追加口座の開設は、会員ページの「追加口座を開設する」から開設手続きを進めてください。

XMでは1つのアカウントで最大8つまで口座を保有することができます。

複数口座を保有するときは、すべての口座をしっかり管理することを心がけましょう。

口座残高がある状態で90日以上ログイン・トレードをせず放置すると「休眠口座」となり、口座維持手数料として毎月5ドルずつ引き落とされます。

ゼロ口座に資金移動するとボーナス消滅

スタンダード口座やマイクロ口座で獲得したボーナスや資金をゼロ口座に移動すると、ボーナス分はすべて消滅します。

理由は、ゼロ口座がボーナスやロイヤリティプログラム※に対応していないからです。

ゼロ口座は基本的にボーナス対象外の口座であり、他の口座で得たボーナスの移動にも対応していません。

例えば、スタンダード口座の資金30万円とボーナス10万円をゼロ口座に移動した場合、資金30万円は移動できますがボーナス10万円は消滅します。

※ロイヤリティプログラム
取引量に応じて獲得できるポイントプログラムです。
貯まったポイントはボーナスに交換できます。

ゼロ口座はCFD取引対象外

ゼロ口座ではCFD取引はできません。

XMではFX通貨ペア57銘柄のほか、CFD(差金決済取引)でも貴金属、株価指数、エネルギー、仮想通貨等の計129銘柄をトレードできます。

ただしゼロ口座で取引できるのはFX全57銘柄とGold(金)・Silver(銀)のCFD取引に限られ、他のCFD銘柄は取引できません。

CFD銘柄を取引をしたいトレーダーは、FXおよびCFDの全銘柄を取り扱えるスタンダード口座かマイクロ口座を開設しましょう。

\口座開設で3,000円の資金プレゼント!/

▶XMTradingで口座開設(無料)

XMの口座タイプの確認手順

XMの口座タイプの確認手順は以下の通りです。

①XMウェブサイトの会員ページにログインする
②会員ページのトップにある「マイアカウントの概要」をクリック
③「口座番号」の下にある緑色の矢印をクリックし、表示された口座一覧から確認したい口座を選択
④「口座種別」欄に表示されている口座タイプを確認

口座タイプは以下のように表示されます。
・スタンダード口座:Standard
・マイクロ口座:Micro
・ゼロ口座:XMZero

XMの口座タイプの変更手順

XMでは既存口座の口座タイプを変更することはできません。
別タイプの口座を利用したいときは、追加口座を新たに開設しましょう。

XMの追加口座の開設手順は以下の通りです。

①XMウェブサイトの会員ページにログインする
②会員ページの「追加口座を開設する」をクリック
③取引プラットフォームや口座タイプ等、追加口座開設に必要な情報を入力し、「リアル口座開設」をクリック

XMの口座で取引をするには、口座開設後に「有効化」をする必要があります。

口座の有効化には、運転免許証やパスポート等の身分証明書の提出が必要です。

口座の有効化をしていないと取引ができませんし、「追加口座を開設する」ボタンも表示されません。

口座開設後には、有効化の作業を忘れずに行いましょう。

XM (エックスエム) の口座タイプに関するよくある質問

この記事ではXMで自分に合った口座タイプを選べるように比較やおすすめ口座の解説をしてきました。

それでも疑問が解決しきれていない場合もあると思います。

そこでXMの口座タイプやトレードについて疑問が残りやすい点を最後にまとめました。

  • 初心者におすすめの口座はどれですか?
  • 口座は何個まで開設できますか?
  • 追加口座を開設した場合、ボーナスはもらえますか?
  • 取引ツールは口座ごとに用意しなければいけませんか?
  • 各口座の1ロット、最小取引数はいくつですか?
  • 口座タイプはどうすれば確認できますか?
  • ストップレベルはどの口座タイプも同じですか?
  • 法人口座は開設できますか?

不明点がある方はこちらに目を通してみてください。

初心者におすすめの口座はどれですか?

初心者の人はスタンダード口座を開設しましょう。

スタンダード口座は最もベーシックな仕様の口座で、XMの機能を網羅的に利用できる上、ボーナスプログラムやロイヤリティプログラム等の各種特典が適用されます。

もらえる特典が限られていても手数料を安く抑えたい人には、ゼロ口座をおすすめします。

〈スタンダード口座のボーナス〉
・入金ボーナス:100%最大500ドル+20%最大4,500ドル、合計最大5,000ドル相当額
・ロイヤリティプログラム:取引量に応じてもらえるポイントプログラム

口座は何個まで開設できますか?

XMでは、1つのアカウントで最大8つの口座を開設できます。追加口座の開設は、会員ページから手続きを進めてください。

追加口座を開設した場合、新しくボーナスはもらえますか?

追加口座の開設時に新規開設口座をもらうことはできませんが、入金ボーナスは最大5,000ドル相当額まで獲得することができます。

ただし1口座最大5,000ドルではなく、1アカウント最大5,000ドルが受け取れるプログラムであることを理解しておきましょう。

なお家族や友人等他人の名義で新規口座を開設し、新規開設ボーナスを複数回受け取る行為は禁止されています。

XMでは不正行為が発覚した場合、口座凍結となり、不正行為によって得られた利益やボーナスポイントは没収されます。

取引ツールは口座ごとに用意しなければいけませんか?

XMのすべての口座タイプでMT4、MT5の利用が可能なので、口座ごとに取引ツールを用意する必要はありません。

取引の際には、口座タイプごとに通貨ペアの種類を表すシンボル表示が異なる点に留意しましょう。

口座タイプに合わないシンボルを選択するとチャートが表示されない等のトラブルになります。

各口座の1ロット、最小取引数はいくつですか?

各口座の1ロットの通貨量と、最小取引数は以下の通りです。

【スタンダード口座】
・1ロット:100,000通貨
・最小取引数:1,000通貨

【マイクロ口座】
・1ロット:1,000通貨
・最小取引数:10通貨

【ゼロ口座】
・1ロット:100,000通貨
・最小取引数:1,000通貨

口座タイプはどうすれば確認できますか?

口座タイプは、XMウェブサイトの会員ページから確認ができます。確認の手順は以下の通りです。

会員ページにログイン→「マイアカウントの概要」をクリック→「口座番号」下の緑の矢印をクリックし確認したい口座を選択

ストップレベルはどの口座タイプも同じですか?

XMのストップレベルは、すべての口座において一律「0」になっています。

ストップレベルとは、指値または逆指値注文をするときに、現在価格から最低限空けなければならない値幅のことです。

例えば現在価格130.0円、ストップレベル5pipsで指値を入れる場合、「130.05円以上」または「129.95円以下」の価格を指定する必要があります。

ストップレベルはMT4、MT5で確認できます。
確認の手順は以下の通りです。

①「表示」をクリック
②「気配値表示」をクリック
③確認したい銘柄にマーカーを合わせ右クリック
④「仕様」をクリック
⑤「銘柄の取引条件」を確認

法人口座は開設できますか?

XMでは法人口座は開設できません。法人口座を開設したい場合は、AXIORY、HotForex、iFOREX等の法人口座に対応しているFX業者を検討しましょう。

\口座開設で3,000円の資金プレゼント!/

▶XMTradingで口座開設(無料)

XM

XM Trading

国内人気No.1の海外FX業者

Tradexfin Limited

公式サイトへ

提供する情報に関する注意点

本サイトで提供する情報には細心の注意を払っておりますが、情報の正確性その他一切を保証するものではありません。あくまでも情報提供を目的としており特定のFX会社に勧誘をするものではなく、本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は責任を負いません。また、当サイトは日本居住者を対象としたものではありません。

コメント

まだコメントがありません。

コメントする

File name:

ファイルサイズ:

まだファイルがありません。

利用規約を厳守の上、ご投稿ください。