為替介入のリスクを回避しつつ、短期間で利益を狙うには?

XMのMT4とMT5 あなたに適したプラットフォーム早見表

XMではトレードするプラットフォームをMT4とMT5の2種類から選ぶことができます。

それぞれで利用できる機能や動作スピードが異なり、向いているトレードスタイルが分かれます。

早速、以下の表にMT5が向いている人とMT4が向いている人の特徴をまとめました。

プラットフォーム MT5 MT4
向いてる人 ・FX初心者
・裁量トレーダー
・XMのアプリを利用したい
・MACユーザー
・常に最新のサービスを利用したい
・自動売買・EAを利用したい
・MT4を使い慣れている
・システムトレードしかしない
特徴 ▶MT5の特徴 ▶MT4の特徴

なぜこのような分類になるのか、XMにおけるMT5・MT4それぞれの特徴を見ていきましょう。

※まだXMで口座開設していない方はXMの口座開設方法を参考にしてみてください。
見ながら手続きを進めれば迷わず口座開設でき、すぐにトレードを始められます。

XMの評判 業界No.1業者を使う前に知っておきたい4つのこと

XMのMT4とMT5 あなたに適したプラットフォーム早見表

XMのMT4とMT5の違い

MT4, MT5とはロシアのソフトウェア開発企業であるメタアクオーツ・ソフトウェア社が開発したFX用のトレードプラットフォームです。

ただFXの注文が出せるだけでなく、チャート上に様々な指標やグラフなどを表示して分析を行うこともできます。

MT(メタトレーダー)はMT4やMT5以前にもMT3など前身となるサービスがありましたが、改善が続けられて現在のMT5が最新モデルとなっています。

ただし、MT4は古いモデルだから使えないということはなく、それぞれに強みや弱みがあります。

最新モデルのMT5から順にその特徴を見ていきましょう。

MT5の特徴

MT5(MetaTrader 5)はMT4の後継版として2011年にローンチされました。

MT5のベースとなるMT4は機能性と操作性の良さが評価され、世界で最も普及している取引プラットフォームとして知られています。

MT5ではMT4特有の豊富なインジケーターを活かしながら、動作を軽量化し板情報を追加する等、使いやすさを追求しました。

快適な動作スピードや向上した利便性は、MT4利用者からも高く評価されています。

推奨動作環境はMT4と同じくWindowsです。

モバイルではAndroid、iOSに対応していますが、Android版の方はMT4ではできなかったチャートの複数表示が可能になりました。

・MT4より動作が軽い
・MT4より細かい時間足の表示ができる
・MT4より標準インジケーターの種類が増えた
・MT4よりカスタムインジケーターの種類が減った
・MT4より自動売買の種類が少ない
・板情報が表示できる

MT4の特徴

MT4(MetaTrader 4)はMT5のベースとなる取引プラットフォームで、2005年にローンチされました。

ハイスペック且つ無料で利用できることから日本をはじめ世界中のFXトレーダーから支持されており、現在最も普及している取引プラットフォームのひとつとして知られています。

MT4の強みは快適な操作性と、使いきれないほどの充実したインジケーターやEA※にあります。

特にインジケーターは標準装備30種類に加え、外部からインストールできるカスタムインジケーターを含めると数千種類に及びます。

テクニカル分析に必要な機能のすべてが揃っていると言っても過言ではないインジケーターの豊富さは、FXトレーダーにとって頼もしいポイントです。

MT4は動作環境としてWindowsを推奨しています。

XMが提供するMac版でもOSのバージョンによっては文字化け等の動作トラブルが発生しているので注意しましょう。

モバイル環境ではAndroid、iOS共に対応しており、スマホやタブレットにアプリをダウンロードすれば、時間や場所を選ばず取引が可能です。

・チャートの複数表示やカスタマイズができる
・標準およびカスタムインジケーターが充実している
・自動売買の種類が多い

※EA
Expert Adviser(エキスパートアドバイザー)の略で、FXで自動売買をするためのプログラムのこと

ここまでMT5とMT4それぞれの特徴を簡単に解説してきました。

では次にこれらの特徴によって以下の表のように向いている人が分けられる理由を見ていきましょう。

プラットフォーム MT5 MT4
向いてる人 ・FX初心者
・裁量トレーダー
・XMのアプリを利用したい
・MACユーザー
・常に最新のサービスを利用したい
・自動売買・EAを利用したい
・MT4を使い慣れている
・システムトレードしかしない
特徴 ▶MT5の特徴 ▶MT4の特徴

MT5が向いている人

XMでMT5の方が向いているのは以下の5点のどれかに当てはまる人です。

  • FX初心者
  • 裁量トレーダー
  • XMのアプリを利用したい
  • MACユーザー
  • 常に最新のサービスを利用したい

それぞれその理由を掘り下げていきます。

FX初心者

MetaTrader(メタトレーダー)を使ったことのないFX初心者にはMT5をおすすめします。

MT5はMT4の後継版です。

MT4を踏襲した最新の利便性を存分に利用しながら、FXを学ぶと良いでしょう。

裁量トレーダー

裁量トレーダーには、より利便性を追求したMT5がおすすめです。

MT5はMT4の後継版として新しい機能が追加されました。

そのひとつが、時間足の種類です。

MT4では9種類だった時間足を21種類に増やしたことで、チャートを自分のトレードスタイルに合った時間足で表示できるようになりました。

1分単位から数時間単位、日・週・月と時間区分が細かく設けられているため、スキャルピングから長期まで様々な裁量トレーダーがテクニカル分析をしやすくなっています。

ただし時間足の追加はPC版のみで、スマホ版はMT4と同じ時間足になっているので留意してください。

また動作の軽量化も裁量トレーダーにとっては大きな魅力のひとつです。

MT4に比べ立ち上がりや動作が軽く、ストレスのない快適な取引をすることができます。

取引環境や性能で選ぶなら、MT5が良いでしょう。

XMのアプリを利用したい

XMのアプリを利用したいトレーダーは、MT5を利用しましょう。

現在MT4はXMのアプリに対応していないため、スマホで取引できるのはMT5のみです。

スマホはパソコンと異なり立ち上げに時間を要したり、場所を固定されることもありません。

場所を問わず隙間時間に簡単に操作できるため、兼業トレーダーにはおすすめのツールです。

XMのアプリは利用者から高く評価されているので、試しにインストールしてみるのも良いでしょう。

MACユーザー

Macユーザーは、MT5の方が良いでしょう。

もともとXMのMT4およびMT5の推奨OSはWindowsでしたが、2020年よりMac用MT4・MT5の提供を開始しました。

Mac用MT4はMacOSのバージョンによっては「正常に動作しない」「起動できない」というケースが発生しているようですが、MT5は比較的動作トラブルは少ないようです。

Macで取引をしたいトレーダーは、MT5を選択しましょう。

常に最新のサービスを利用したい

常に最新の快適な環境で取引したい人には、アップデート頻度の高いMT5がおすすめです。

MT4およびMT5を開発したロシアのMetaQuotes(メタクオーツ・ソフトウェア)社はMT5の普及に力を入れており、アップデートによる快適な取引環境の提供に努めています。

常に最新の状態で取引ができることは、裁量トレーダーにとっては大きな魅力です。

FX初心者にとっても、これから主流となりうるMT5に慣れておくことは長期的なメリットにつながるでしょう。

MT4が向いている人

XMでMT4の方が向いているのは以下の3点のどれかに当てはまる人です。

  • 自動売買・EAを利用したい
  • MT4を使い慣れている
  • システムトレードしかしない

それぞれその理由を掘り下げていきます。

MT4を使い慣れている

MT4を使い慣れているトレーダーは、利用を継続するのも良いでしょう。

MT4は2005年にローンチされた世界で最も普及している取引プラットフォームです。

FXトレーダーの中には、長年MT4を愛用してきた人も多いことでしょう。

MT4とMT5はベースが同じなので大きな違いはありませんが、使い慣れたものが良いという人にはMT4がおすすめです。

システムトレードしかしない

システムトレードしかしない人には、EAの種類が豊富なMT4がおすすめします。

システムトレードとは、システムがあらかじめ設定したルールに基づき自動で売買注文を出す取引のことです。

また、自動で売買をするためのプログラムのことをEAと言います。

MT5がMT4より優れている点は、動作の軽さや板情報が見れることです。

いずれも裁量トレーダーにとって大きなメリットではありますが、システムが機械的に取引をするシステムトレードではMT5のメリットを活かせるとは限りません。

またMT5はMT4に比べEAの種類も少なくなっているため、システムトレードをする場合はMT4を利用した方がメリットは大きいでしょう。

自動売買・EAを利用したい

自動売買やEAを利用したいトレーダーには、MT4をおすすめします。

自動売買やEAの取り扱い数がMT5よりMT4の方が圧倒的に多いからです。

また、カスタムインジケーターも豊富です。

カスタムインジケーターとは、標準装備以外のインジケーターのことを指します。

MT4およびMT5は標準装備のインジケーターのほかに、外部から入手したインジケーターや自分で作成したインジケーターを利用することも可能です。
MT4はカスタムインジケーターが数千種類あると言われており、MT5よりカスタマイズ性に優れています。

MT4の方がカスタムインジケーターやEAの種類が多い主な理由は、プログラム言語が異なるからです。

MT4では「MQL4」、MT5では「MQL5」というプログラム言語を使用しています。

MT4の方が先にローンチされたためもともと既存のインジケーターやEAが多い上、MT4用に作成されたものをMT5で使用するにはプログラムを書き換える手間も必要になります。

そのためインジケーターやEAは現在でもMT4が主流となっているのが現状です。

テクニカル分析を追求したい、より多くのツールを活用したい人はMT4を選択すると良いでしょう。

MT4・MT5の変更手順と方法

XMでは口座開設時に指定した取引プラットフォームを、後で変更することはできません。

別の取引プラットフォームを利用したい場合は、追加口座を開設します。

追加口座の開設および取引プラットフォーム選択の手順は以下の通りです。

  1. XM会員ページにログインする
  2. 使用しているMT4またはMT5のIDとパスワードを入力し、会員ページにログインします。

  3. 「追加口座を開設する」をクリックする
  4. 会員ページにログインしたら、「追加口座を開設する」をクリックします。

  5. 利用したい取引プラットフォームを選択する
  6. 「取引口座の詳細」の画面が開くので、「取引プラットフォームタイプ」でMT4またはMT5を選択します。

※この時に選択した取引プラットフォームは、開設後には変更できなくなります。

その他口座タイプ、口座の基本通貨、レバレッジ、口座ボーナス、パスワード(2回)を入力し、最後に「リアル口座開設」をクリックすると追加口座の手続きは完了です。

MT4やMT5にログインできない時の原因と対処法

MT4やMT5では稀にログインができないことがあります。

その場合には必ず原因があり、対処法もしっかりあります。

仮にログインできない場合は以下の中から当てはまる状態を見つけて対処法を参考にしてみてください。

  • MT4・MT5口座にスマホでログインできない
  • MT4・MT5口座ログイン情報が間違っている
  • MT4のIDでMT5にログインしようとしている
  • XM口座が有効化されてない
  • XM口座が凍結されている
  • MT4・MT5のバージョンが古い
  • XMサーバーのメンテナンス中

MT4・MT5口座にスマホでログインできない

XMスマホアプリのMT4およびMT5にログインできないときは「不正な口座」「認証失敗」や「サーバー名が違うため切断されました。証券会社に連絡してください。」と表示されることがあります

「不正な口座」や「認証失敗」と表示されるときは、主にログイン情報が誤っていることが原因なので、確認の上、再度ログインしてみましょう。

「サーバー名が違うため切断されました。証券会社に連絡してください。」と表示されるのは、誤ったサーバー名「XM.COM-Real○(○は数字)」でログインしようとしているからです

正しいサーバー名「XMTrading-Real○」で、再度ログインを試してください。

MT4・MT5口座ログイン情報が間違っている

ログイン情報が間違っている場合、「無効な口座」や「回線不通」と表示されログインできません。

MT4およびMT5にログインするには、「ログインID」「パスワード」「サーバー名」3つの情報を正しく入力する必要があります。

この中で間違えやすいのはサーバー名です。

サーバー名は直接入力するわけではなく、表示された一覧から選択をします。

もし一覧にサーバー名が表示されないときは、MT4またはMT5にてサーバーをスキャンすることで、ログイン画面に自身が利用しているサーバー名を表示することができます。

なおサーバー名は、口座開設手続き後にXMから届くメールまたはXM会員ページでも確認が可能です。

MT4のIDでMT5にログインしようとしている

MT4のIDではMT5にログインできませんし、MT5のIDでMT4にログインすることもできません。

MT4とMT5はそれぞれ異なるプログラム言語で開発されており、互換性がないからです。

両者は見た目は似ていますが、MT4にはMT4、MT5にはMT5専用のログイン情報があります。

正しいIDとパスワードを確認した上でログインしましょう。

XM口座が有効化されてない

口座開設手続き後に「有効化」していない場合、「無効な口座」と表示されログインできません。

開設したばかりのXM口座は読み取り専用なので、「有効化」によって取引可能な状態にすることが必要です。

有効化を忘れるとログイン時に「無効な口座」と表示され取引ができないため、口座開設後には必ず有効化をしましょう。

有効化には「身分証明書」と「住所確認書類」2つの書類を提出する必要があります。

会員ページにログイン後「口座を有効化する」をクリックし、「身分証明書」と「住所確認書類」を提出すると、通常24時間以内に口座は有効化されます。

XM口座が凍結されている

凍結された口座にはログインすることはできません。

XMの口座は口座残高がない、もしくは500円未満の状態で90日間放置すると自動的に凍結されます。

また不正な取引や利用規約違反が発覚した場合、口座は即時凍結となります。

凍結した口座は2度と開くことはできませんが、口座を追加開設し、新しい口座で取引を再開することは可能です。

口座残高がある状態で90日間放置した場合は、休眠口座となります。

休眠口座になると、口座維持費用として毎月5ドルが口座残高から引き落とされます。

休眠口座にならないために、90日以内に1回でも取引を行うか、しばらく取引をする予定がないときは事前に口座残高を出金しておきましょう。

休眠口座は90日間放置後でも再度ログインして取引をするか、口座に追加入金をすれば休眠状態を解除できます。

MT4・MT5のバージョンが古い

MT4またはMT5のバージョンが古い場合、サポートが終了しておりログインできないことがあります。

MT4やMT5をパソコンにインストールしたまま数年間放置してログインできなくなったときは、最新のMT4またはMT5をインストールしなおすことでログインできます。

最新版のMT4およびMT5は、XM公式ウェブサイトからダウンロード、インストールが可能です。

XMサーバーのメンテナンス中

XMのサーバーメンテナンス中は、MT4およびMT5にログインできません。

XMは基本的に平日24時間FX取引可能ですが、必要に応じてメンテナンスが行われるときはログインの他、決済や入出金等もできなくなります。

メンテナンスによってMT4、MT5に繋がらなくなる時間は最大10分程度と短時間なので、終了するまで待ちましょう。

XM

XM Trading

国内人気No.1の海外FX業者

Tradexfin Limited

公式サイトへ

提供する情報に関する注意点

本サイトで提供する情報には細心の注意を払っておりますが、情報の正確性その他一切を保証するものではありません。あくまでも情報提供を目的としており特定のFX会社に勧誘をするものではなく、本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は責任を負いません。また、当サイトは日本居住者を対象としたものではありません。

コメント

まだコメントがありません。

コメントする

File name:

ファイルサイズ:

まだファイルがありません。

利用規約を厳守の上、ご投稿ください。