【2022年8月更新】海外FXの高額口座開設ボーナスランキング

不労所得の作り方を診断 ひとめで分かるあなたの適正早見表

不労所得の作り方は、あなたが持つ「お金」と「時間」の兼ね合いから4分類できます。

各パターンごとに適した不労所得の作り方が3~7種類ほど。

あなたはどのタイプに当てはまるでしょうか。

【早見表】不労所得の作り方を診断 ひとめで分かるあなたの適正

あなたに適した不労所得の作り方診断表

不労所得の作り方は細かく分類すれば何十、何百種類とありますがその中から自分に適した方法を見つけるのは容易くありません。

自分に合っているかどうかなんて実際に経験してみないことには判断出来ないからです。

しかしあなたの今の状況から適性のある不労所得の作り方を絞り込むことは出来ます。

これを実現するのが下図の「不労所得の作り方診断表」です。

不労所得の作り方診断表

「お金」:運用可能資金額
「時間」:1か月の間に自由に使える時間

タイプごとに、それぞれの方法を詳しく解説しています。

Aタイプに適した不労所得の作り方

Aタイプはまとまった資金があるものの、時間がなく忙しい方です。

そんな方にはお金をプロに預けて代わりに運用してもらう「ほったらかし投資」がマッチします。

一般的に投資と聞くと自分で株などを選んで売買するイメージが強いかと思います。
しかしこれでは「不労」所得とは言いづらいですよね。

仕事中も株価の動きが気になって仕事に集中が出来ないという悩みは株式投資あるあるです。

一方で運用の専門家に丸投げすれば投資家は定期的な運用レポートを確認するだけで済みます。

運用方法 特徴
ヘッジファンド 【最低投資金額】
最低投資金額は100万円から数億円とファンドによって様々
【特徴】
・まとまった資金を持つ人だけが利用できるファンド
・顧客資金を預かり、どんな相場でも高い収益を目指して運用し、獲得した利益を顧客に分配する
・平均利回りは年間10%以上
ファンドラップ 【最低投資金額】
300万円から投資可能
【特徴】
・銀行や証券会社が提供
・ヘッジファンド同様に顧客資金を預かり代わりに運用
・平均利回りは年間4%ほど

ヘッジファンド投資

お金(初期費用) 時間(月あたり稼働)
(100万~)1000万 0時間

ヘッジファンドは本来富裕層や法人投資家の資産を専門に預かる運用会社で、投資するには最低でも1000万円~1億円が必要でした。

海外に拠点を置くファンドがほとんどで、有名ヘッジファンドの中には年間利回り40~50%を記録するファンドも。

そんなヘッジファンドが時代の流れと共に徐々に日本に進出。もしくは日本発のファンドも増えています。
これに伴い富裕層だけが利用できた金融サービスが多様化。対象顧客の幅が広がり今では100万円から利用できるファンドもあります。

仮に500万円を運用した場合、平均で年間50万円、月々約4万円の不労所得を作ることが出来ます。

月々の貯蓄額を増やして老後資金の足しにしたり、これまでできなかった出費が可能になります。

ヘッジファンドとはどんな組織なのか、より詳しく知りたい方は別記事を参考にしてください。

ファンドラップ

お金(初期費用) 時間(月あたり稼働)
300万円 0時間

ファンドラップは銀行や証券会社などの金融機関が提供している金融商品です。

最低運用金額は300万円からで、運用のプロに投資を一任することが出来るため利益が出れば不労所得を得られます。

不労所得を得るという観点では手段の1つですが、利回りは限定的。

短期間でまとまった不労所得を得たいというニーズにはマッチしません。

長期に積立しながら将来の資産を形成するという意味で活用されているサービスです。

Bタイプに適した不労所得の作り方

Bタイプはまとまった資金があり、さらに時間的余裕も持つ人です。

そんな方は資本を元に投資を行いさらなるお金を生み出す仕組みを作って自身で管理していく方法が適しています。

運用方法 特徴
不動産投資 【初期費用】
自己資金500万円以上(物件価格の3分の1程度の自己資金が目安)
【特徴】
・物件次第で利回りが大きく変化
・管理会社や仲介業者を活用すればほったらかしも可能
太陽光発電投資 【初期費用】
自己資金200万円から投資可能
【特徴】
・土地とソーラー発電装置を購入
・発電した電気を電力会社に売却することで売電収入を得る
コインランドリー投資 【初期費用】
自己資金600万円ほどから投資可能
【特徴】
・出店地によって利回りが大きく変化
・出店地の見極めが鍵を握る
コインパーキング・駐車場投資 【初期費用】
自己資金200万円ほどから投資可能
【特徴】
・土地の購入だけで始められるのが魅力
・比較的少ない初期費用で始められる
・土地の見極めが重要
トランクルーム投資 【初期費用】
自己資金100~300万円ほどから投資可能
【特徴】
・貸し倉庫
・年々需要が増している
・立地や集客力が鍵
・うまく運営できれば利回り20~35%ほどの高利回り投資
個別株投資 【最低投資金額】
100万円程度から始めるのが理想
【特徴】
・上場企業の株券を購入
・投資先企業の分析が重要
・利回りは個人の能力に依存する

不動産投資

お金(初期費用) 時間(月あたり稼働)
500万円 10時間

不動産投資と聞くとハードルが高そうな印象を受けるかも知れませんが、実は王道とも言える不労所得の作り方です。

いわゆる「家賃収入」と呼ばれるもので、利回りは平均5%ほど。

自己投資金額は物件価格の3分の1程度から始められます。例えば1500万円程度の物件であれば初期投資金の目安は500万円程です。

残りの金額は銀行から融資を受けて支払います。
※もちろん全額を自己資金で購入することも可能です。

不動産投資は他の事業と比べると比較的融資が通りやすいと言われています。
購入する物件を担保に出来るため、お金を貸す銀行としてもリスクが少ないからです。

ワンルーム投資であれば、一度入居者が決まればほとんど対応することはなくあまり手間もかかりません。

さらに管理会社に物件の管理を委託することで、ほとんど手放しで運用することも出来ます。

太陽光発電投資

お金(初期費用) 時間(月あたり稼働)
200万円 5時間

太陽光発電投資は、発電装置を用意して電力を発電、生まれた電気を電力会社に売電することで収入を得ます。

初期投資は発電装置とそれを設置する土地代で、最低でも600万円ほど。
仮に3分の1を自己資金で始めるとすると200万円から始められる投資手段です。

現在では発電装置や土地を自分で探す必要はなく、セットで販売している仲介サイトも。

数年前までは国主導の「FIT制度」によって固定価格で電気を売ることが出来ましたが、その制度が終了。

人気のあった太陽光発電投資も徐々に人気が落ち込んできています。

このため太陽光発電は電気を売って収入を得るより、自家発電として自分で消費することで電気代を抑えるために活用されている方が増えています。

またスマートエネルギーの促進に貢献できるという目線では、益々の拡大に期待したいです。

コインランドリー投資

お金(初期費用) 時間(月あたり稼働)
600万円 5時間

不動産投資の区分の1つ、コインランドリー投資。

物件に加えて洗濯機への初期投資が必要なため、初期費用の目安は2,000万円ほどと少し高めです。
融資を利用する場合は自己資金600万円ほどが目安になります。

利回りは10~20%ほどと高利回り。

理想的な利回りを実現するには出店地の見極めや集客手段が鍵を握ります。

固定客を獲得できれば、あとはたまの清掃や故障時の対応だけで運用できます。

清掃も外注してしまえばほとんどやることはありません。

ほとんど不労所得で収入を得ることが出来ます。

コインパーキング・駐車場投資

お金(初期費用) 時間(月あたり稼働)
100万円 8時間

物件がなくとも、土地だけで始められるのが駐車場/コインパーキング投資。

駐車場投資は月極契約、コインパーキングは時間貸しです。

想定利回りは4%程度、もしくは既に土地を所有していればほとんど初期投資なく始められます。

既に土地がある場合、コインパーキングの設備費用は300万円ほど、融資を活用すれば100万円ほどから始められます。

コインランドリー投資と同じくパーキング投資は立地が命。
月極であれば住宅街やマンション周辺、コインパーキングなら大型施設付近がねらい目です。

また、どちらにしても競合となる駐車場が近隣に多い場合は競争率が高くなり収益機会が少なくなるため現場でのリサーチが肝です。

実際にコインパーキング投資をしている方の実績では、初期費用の回収までに3年6か月。
引用元:不動産オーナーの教科書「コインパーキングに必要な初期投資と期待できる利回りの実例解説」より

その後は月20~30万円ほどの売上がある状態とのことです。
引用元:不動産オーナーの教科書「私が経営している駐車場の投資利回りと売上2倍以上にした方法」より

トランクルーム投資

お金(初期費用) 時間(月あたり稼働)
100万円 8時間

トランクルームとは言い換えれば貸し倉庫のこと。

年々トランクルームの数は増えており、人気上昇中の投資方法です。

トランクルーム投資を始めるには、物件と各部屋を仕切るパーテーションがあれば最低限の運営は出来ます。

このため初期費用は300万~1,000万円、自己資金目安100万円からのスモールスタートが可能です。

想定利回り20~35%ほどと高利回り。

一度顧客が獲得できると長期継続利用してもらいやすく、ほとんど手間がかからないのがポイントです。

個別株投資

お金(初期費用) 時間(月あたり稼働)
100万円 15時間

言わずと知れた株式投資。

個々の銘柄を売買するとなると、銘柄の分析に時間を割く必要があるため月10時間は確保したいところ。

100万円から個別株投資を始めて1億円の資産を築く投資家もいます。その数は年々増えているようにも感じます。
※参照「日本の有名投資家

インターネットの普及により株式投資に関する膨大な情報にアクセスしやすくなったからでしょう。

中には1年のうちに株価10倍(テンバガー)となるような急成長銘柄も。

100万円買っておくことができればその価値は1000万円に。900万円の不労所得を得ることになります。

Cタイプに適した不労所得の作り方

Cタイプの方は、お金も時間も今はまだあまり多くない方

そんな方は1万円程度から始められる資産運用や初期費用の掛からない不良所得の作り方でコツコツと資産を拡大していきましょう。

長期に継続すれば将来的には不動産投資やコインランドリー投資を始めとする「事業投資」に挑戦できるぐらいまで資産を増やすことも出来ます。

運用方法 特徴
投資信託/ETF 【最低投資金額】
100円から投資可能
【特徴】
・様々な金融商品に分散投資しているファンドに投資
・ファンドは顧客資金を代わりに運用して利益を再分配
・上場型の投資信託をETFと呼ぶ
・新型コロナをきっかけに始める人が増えている
・平均利回りは年間3~5%ほど
つみたてNISA 【積立可能額】
月々100円~、年間40万円まで
【特徴】
・毎月一定額を積立して投資信託を購入
・自動で引き落とし設定できるため、貯金と同じ感覚で始められる上貯まりやすい
・銀行預金よりも利回りが高く、お金が増える可能性が高い
・つみたてNISA制度を利用して得た利益は非課税となり節税効果がある
・20年間利用可能な制度
ソーシャルレンディング 【最低投資金額】
1万円から投資可能
【特徴】
・お金を借りたい企業と投資したい個人を繋ぐ金融サービス
・高い利回りが期待できる案件もある
・一方、返済遅延や貸し倒れリスクもあり
・顧客資金を代わりに運用して利益を再分配
ロボアドバイザー 【最低投資額】
100円~
【特徴】
・お金を預けてロボット(AI)に代わりに運用してもらえる新しい資産運用サービス
・複数のコースから自分でリスク度合いを選べる
・積立も可能
シェアリングエコノミー 【最低投資金額】
0円
【特徴】
・駐車場や自転車、自動車、ブランド品などを他の人にレンタル
・レンタル料金を得ることが出来る
自販機オーナー 【最低投資金額】
0円
【特徴】
・空地などの所有地を業者に貸して自販機を設置
・商品積替や管理は全て業者が実施
・手間なく収入を得られる
・取り分は売上のうち20~30%
・このうちコストは電気代(3,000円~4,000円)のみ
高配当株投資 【投資金額】
5万円ほどから投資可能
【特徴】
・株式投資の手法の1つ
・株式保有していると企業から株主還元策として配当金が得られる銘柄がある
・高いものでは年間5%の利回りが得られるものも
・高配当株でも株価が下がれば損をするため、投資先の見極めが大事
システムトレード 【投資金額目安】
最低10万円
【特徴】
・一切の感情を排してあらかじめ決められたルールに従って売買する方法
・売買の判定にコンピュータを活用するのが一般的
・ルールに一致した場合に自動的に売買までしてくれるソフトもある
・実績のあるシステムが販売されていることもあり、購入して自分でも使うことができるため難しい知識がなくても始められる
・投資対象は株・FX・先物など様々

投資信託/ETF

お金(初期費用目安) 時間(月あたり稼働)
10万円 5時間

投資信託は多くの投資家から資金を集めて、多額の資金を代わりに運用する「ファンド」と呼ばれるものです。

投資先の商品ごとにファンドが分けられており、国内株式や先進国株式、国内債券や先進国債券などさまざまな種類があります。

投資信託のメリットは1つのファンドに投資するだけで国内外さまざまな資産に分散でき、リスク分散しながら投資ができること。

株式市場に上場しており、証券口座を介して購入できる投資信託をETFと呼びます。あまり区別して覚える必要はありません。

投資を始める入り口として、節税制度が利用できるつみたてNISAで投資信託を買う人が増えています。

つみたてNISA

お金(初期費用) 時間(月あたり稼働)
1万円 0時間

つみたてNISAは「投資に抵抗感があるものの、将来のことを考えると何か始めた方が良いのでは?」そう考えている方に適した不労所得の作り方です。

これまで貯金として銀行口座に眠らせていたお金をつみたてNISA制度を活用して運用しておくことで年間3~5%の利回りが期待できます。

年間40万円の上限一杯まで積立を行うと、つみたてNISAの期間が満了する20年後には800万円の元本が貯められることに。

この元本を毎年5%の利回りで運用すると20年後には約1327万円になり、527万円の利益です。

月々平均3万3000円のつみたて運用で20年後に500万円以上の不労所得が得られると考えると、ただ預金口座に預けておくのは勿体ないと感じるのではないでしょうか。

ソーシャルレンディング

お金(初期費用) 時間(月あたり稼働)
1万円 0時間

ソーシャルレンディングはお金を借りたい企業と投資したい個人を繋げる新しい金融サービスです。

まだ創業して間もない企業は銀行から借りられるお金に限界があります。実績が乏しく返済の担保が出来ないからです。

ソーシャルレンディングはそんな企業に手を差し伸べるサービスです。

もちろんお金を貸す個人にもメリットがあり、それは5~12%ほどの高利回りであること。

企業側はどうしてもお金を借りたい状況にあるため、高い利率でも融資を受けたいからです。

貸し付ける資金は多数の出資者を募って集めるため、1個人あたりの出資額は1万円から可能。

貸付先の企業の目利きはソーシャルレンディング業者が厳正に審査を行うため、貸したお金が返ってこないリスクも限定的です。

しかしそれでも貸し倒れのリスクは排除できず、過去にはソーシャルレンディング事業者が行政処分を受けたケースも。

過去の案件実績を確認し、貸し倒れのない仲介事業者を選ぶことが大切です。

また、案件ごとに定められている運用期間が満了するまでは基本的に途中解約出来ないため注意が必要です。

ロボアドバイザー

お金(初期費用) 時間(月あたり稼働)
1万円 0時間

ロボアドバイザーは、お金を預けてロボット(AI)に代わりに運用してもらえる新しい資産運用サービスです。

少ない金額から始められ、毎月の自動積立もできます。

市場の状況によってAIが資産の管理をしてくれるため、投資の知識がなくても資産運用が可能です。

利回りは平均3%ほどとあまり高くありません。

Aタイプに分類される投資信託と比べると、比較的手数料が高いのが難点です。

シェアリングエコノミー

お金(初期費用) 時間(月あたり稼働)
0円 1時間

シャアリングエコノミーは初期費用0円で、自分が既に所有しているものを使って始めることが出来ます。

例えば駐車場や自転車、自動車、ブランド品などを他の人にレンタル。

レンタル料金を得ることが出来る仕組みです。

自販機オーナー

お金(初期費用) 時間(月あたり稼働)
0円 0時間

自販機オーナーも既に土地を所有している場合は初期費用0円です。

所有地を業者に貸し出して自販機を設置。

商品積替や管理は全て業者が実施してくれるためまさに不労所得です。

収入の目安は売上のうち20~30%。このうちコストは電気代(3,000円~4,000円)のみのためそれ以外は自分の収入となります。

高配当株投資

お金(初期費用) 時間(月あたり稼働)
10万円 1時間

高配当株投資は投資に抵抗がない方が個別の銘柄を初めて選ぶ際の1つの切り口として考えてください。

購入価格と売却価格の差額による売却益だけでなく、株を保有しているだけで得られる利益が配当金です。

短期的な値動きに翻弄される必要もなく、重要なのはどの銘柄を買うかのみ。
※企業成長が鈍化したり、規模縮小している企業は株価の値下がりで損をすることもあり銘柄の見極めは重要です。

高配当株かつ企業の成長性や株価の安定性の高い銘柄をまとめているサイトも多くあります。

そういった情報を参考に銘柄を選んでみるのも有効です。

システムトレード

お金(初期費用) 時間(月あたり稼働)
10万円 5時間

システムトレードはいわばコンピュータによって売買を行うトレード手法です。

一切の感情を排してあらかじめ決められたルールに従って売買を行います。

投資対象は株・FX・先物など様々。

実績のあるシステムが販売されており、難しい知識がなくてもシステムだけで利益を得られることもあります。

ただし相場ごとにルール設定を調整する必要があり、システムトレードの勉強は必要不可欠と言えます。

Dタイプに適した不労所得の作り方

Dタイプはいまはお金があまりないものの挑戦するための時間はある方です。

そんな方は時間を使ってお金を生み出す仕組みを作り、その売り上げや利用料で不労所得を得る方法が適しています。

運用方法 特徴
サービス開発 【必要スキル】
プログラミング
【特徴】
・ユーザーニーズやトレンドを捉えた企画力が重要
・企画を実現する技術力も不可欠
・他の人との共同開発も選択肢の1つ
・SNSやSEO(検索エンジンからの集客)、広告などサービスを知ってもらう努力も必要
アフィリエイト 【必要スキル】
ライティング、Webマーケティング
【特徴】
・広告主の代わりに自分の媒体(ブログやSNSなど)で商品を紹介
・自分の媒体経由で購入に至った場合広告主より報酬を獲得
・稼げる媒体を作った後も稼ぎ続けるには定期的なメンテナンスが必要
YouTube 【必要スキル】
動画編集・トーク力
【特徴】
・動画の視聴回数に応じて広告収入を獲得
・チャンネル登録者1万人で月収10~20万円が目安
・動画のジャンルにより単価は変動
・稼ぎ続けるには撮影や動画編集が必要となり完全な不労所得ではない
せどり 【必要スキル】
商品知識
【特徴】
・動画の視聴回数に応じて広告収入を獲得
・チャンネル登録者1万人で月収10~20万円が目安
・動画のジャンルにより単価は変動
・稼ぎ続けるには撮影や動画編集が必要となり完全な不労所得ではない
電子書籍販売 【必要スキル】
文章力
【特徴】
・本や楽曲を作成することで生まれる著作権料
・売れるコンテンツを作る必要がある
・書籍の印税収入は売上部数×6~8%
写真販売 【必要スキル】
撮影力・企画力
【特徴】
・本や楽曲を作成することで生まれる著作権料
・売れるコンテンツを作る必要がある
・書籍の印税収入は売上部数×6~8%

サービス開発

お金(初期費用) 時間(月あたり稼働)
5,000円(教材費) 30時間

プログラミングのスキルを身に付けてサービスを開発、販売する方法です。

1度契約してもらうことが出来れば月額制で毎月一定額の収入を得ることが出来ます。

サービス開発のスキルだけじゃなくセールスやweb集客の腕も試されますが、成功すれば月あたり数十~数百万円単位の不労所得も実現可能です。

アフィリエイト

お金(初期費用) 時間(月あたり稼働)
1万円 25時間

アフィリエイトは言い換えると広告代理店のようなものです。

商品を売りたい企業の代わりに自分のブログやSNSで人を集めて、代わりに宣伝をします。あなたの発信媒体を経由して商品が売れた場合にその報酬としてお金をもらう仕組みです。

アフィリエイトと聞くと悪徳な商売のようなイメージを持つ方もいるかもしれません。確かに一部の悪徳なアフィリエイト業者は誇大広告などを行って報酬を荒稼ぎしている場合もあり、消費者庁が対応に追われている事実もあります。

しかしアフィリエイトはれっきとしたWebマーケティングの手法であり、広告主には大手上場企業も多数含まれます。

アフィリエイトで不労所得を作るにはまず自分のブログやSNSアカウントを開設します。

ブログの初期費用は1万円程度、年間費用も1万円程度。SNSの開設費はかかりません。

資金がなくても始められるのが魅力であるものの、不労所得を得られるようになるまでのハードルは高く6か月続けてようやく5,000円稼げれば良いほうです。

それでも諦めずに続けて数十万~数百万円の月収を得る人も。

根気強く続けられる方に適した方法です。

YouTube

お金(初期費用) 時間(月あたり稼働)
0円 25時間

YouTubeもアフィリエイト同様に広告収入で稼ぐ方法です。

動画の再生時間に見合った広告収入が得られます。

また、うまく収入を得ている人は視聴者が広告を見ることで得られる収入以外にアフィリエイトやオリジナル商品の販売まで手掛けています。

撮影や動画編集が必要なため完全な不労所得とまではいかないものの、うまくファンを集められれば収入を得ることが容易になってきます。

せどり(転売)

お金(初期費用) 時間(月あたり稼働)
10万円 10時間

せどりとは、物を仕入れて買った値段よりも高い値段で売却することで差額を利益とする方法です。いわゆる「転売」ですね。

初めは価格の安いものを少数仕入れて、利益分を上乗せして売ることで経験を積みましょう。

慣れてきたら数万円単位の高単価を1つ仕入れて、転売。

高単価商品の方が利益の額が大きくなるため、少ない労力で大きな利益を得ることが出来ます。

※注意
営利目的でせどり(転売)を行うには古物商許可を警察署まで申請する必要があります。
詳しくは警視庁HP「古物許可申請」のページをご覧ください。

印税収入・電子書籍販売

お金(初期費用) 時間(月あたり稼働)
0円 10時間

書籍が大ヒットするたびに憧れの的になる印税収入。

芸人の又吉直樹さんが書いた「火花」の場合印税は2億円以上との噂が流れたこともありました。

印税の計算方法は一般的に「売れた部数×書籍価格×6~8%」。

例えば1000円の本が1万部売れた時の印税収入の目安は70万円です。

本を読んだり文章を書くのが好きな方、売れる本の仕組みを心得ている方に向いている方法です。

とは言え一個人が書籍を発売しても1万部売るのは難しいでしょう。

そこで少ない売上部数でも高い収益率を得られる方法が電子書籍の販売です。

紙の書籍のように出版社を通す必要がなく、価格の設定も自分次第。

印税率はKindleからの出版の場合は最大70%まで設定可能です。

先ほどの例に当てはめると、1000円の本が1万部売れた時の収入は700万円です。

こう考えるとチャンレンジしてみる価値は大いにありますよね。

写真販売

お金(初期費用) 時間(月あたり稼働)
0円 5時間

自分で撮影した写真を専用のプラットフォームで販売することが出来ます。

大手写真販売サイトのPIXTAの場合、サイズにより1枚当たり660円~5500円までの価格で販売可能。

売上のうち20~40%が報酬として手元に入ってきます。

1万円の収入を得るには、660円の写真の場合69枚の販売が必要です。

多額の不労所得を得られるわけではありませんが、カメラを趣味にしている方は「好きなことでお金を稼ぐ」が実践できます。

不労所得の作り方は”お金”と”時間”で選ぶ

数ある不労所得の作り方も大きく分類すれば2つのパターンに分かれます。

①既存の「お金」を運用することでお金に働いてもらい、さらなる資産を生み出す
②「時間」を使って働き不労所得を得られる仕組みを構築する

お金と時間のありなしはこれまでの貯蓄状況や現在の職業にも依るでしょう。

まずはあなたに合った方法で不労所得を作ることが出来れば、将来的には「お金」も「時間」もある生活を送ることが出来ます。

まさに不労所得という言葉からイメージする姿ではないでしょうか。

コメント

まだコメントがありません。

コメントする

File name:

ファイルサイズ:

まだファイルがありません。

利用規約を厳守の上、ご投稿ください。